九州高速道路、国道へのスマートインターチェンジ、5ヶ所追加設置へ

自動車 社会 行政

スマートインターチェンジ
  • スマートインターチェンジ
国交省九州地方整備局では、地方公共団体から国土交通大臣に申請のあった、九州地方整備局管内のスマートインターチェンジ追加設置5箇所につき、6月11日付けで国土交通大臣より連結許可が下った。

スマートICとは、地方公共団体が主体となって発意し、高速道路の本線やサービスエリア、パーキングエリアから乗り降りができるように設置されるインターチェンジであり、専らETCを搭載した車両が通行することを目的としたインターチェンジだ。

今回追加設置が決定されたスマートICは、九州横断自動車道由布岳PAスマートIC(大分県由布市)、東九州自動車道門川南スマートIC(宮崎県東臼杵郡門川町)、東九州自動車道国富スマートIC(宮崎県東諸県郡国富町)、九州縦貫自動車道山之口SAスマートIC(宮崎県都城市)、九州縦貫自動道桜島SAスマートIC(鹿児島県姶良市)、以上の5ヶ所で、各IC名称は仮称であり、正式な名称は、地元や利用者の意見等も踏まえて決定される。
《平泉翔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

    高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

  2. 貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

    貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

  3. タクシーへ追突する事故を故意に起こし、仲間が売上金を盗み出す

    タクシーへ追突する事故を故意に起こし、仲間が売上金を盗み出す

  4. 車線変更してきたクルマと接触、バス車内で転倒の5人負傷

  5. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  6. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  7. 飲酒運転で衝突事故を起こした男、酒を飲んだ場所の記憶なし

  8. 特別仕様のナンバープレート始まる、東京オリンピック・パラリンピックとラグビーワールドカップで

  9. R34 GT-R がニュルでクラッシュ[動画]

  10. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

アクセスランキングをもっと見る