「交通取締り全体の見直しをする」...古屋国家公安委員長

自動車 社会 社会

納得できる取締りに変えていこうとする古屋圭司国家公安委員長(7日・内閣府)
  • 納得できる取締りに変えていこうとする古屋圭司国家公安委員長(7日・内閣府)
古屋圭司国家公安委員長は6月7日の閣議後会見で、警察の交通取締り全体に対する見直しについて言及した。

「これから取り締まりのあり方を抜本的に見直していく中で、真に事故抑止に資すると取り締まり、取り締まられた側が納得できる取締り、そういうために場所、時間帯、取締りの方法を見直していく」

古屋氏の発言は、国家公安委員会の会議がもとになっている。2月14日の定例会議でのことだった。労働界から選ばれた高木剛委員が、こう発言した。

「実際に走行してみると、最重点で行う必要がない場所や高速道路の出口付近など事故に結びつく例がほとんどないような場所で速度違反の取締りを行っているのを見かける」

その後を経済界から選ばれた前田晃伸委員が、こう受け返した。

「けして摘発しないでほしいと言っているわけではないが、摘発が目的化していて不満の声が多く、速度という面については危機的な状況ではなくなったと思う。実態をよくみて、きちんと取締りの重点を変えるようなことを、もう少し考えなければならないのではないか」

委員長を除いて委員は5人しかいないが、さらに発言は続いた。最後は学識経験者から選ばれた長谷川眞理子委員だ。

「統計を見ても、法令違反別の死亡事故の実態は大きく変わっており、多くは漫然運転やわき見運転などによるもので状況がかなり変化してきている。そのあたりの対策は最高速度の取締りなどではないところで、もっとやらなければならなくなってきたのではないかと思う」

古屋氏は委員長としてその場で実態調査を命じて、この問題については、こうまとめている。

「交通違反取締り、最高速度の取締りのあり方を根本的に変えていく機会としたい」

警察庁交通局は、このときから取締りの実態調査に着手。現在も海外視察にも出かけているという。今後、注目すべきは警察庁から委員会に提出される報告書の内容である。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

    国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  2. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

    ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  3. 国土交通省、自動車の安全対策に関する評価・分析方法を検討

    国土交通省、自動車の安全対策に関する評価・分析方法を検討

  4. ハミルトン、特注スーパーカーで事故…モナコ

  5. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  6. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  7. 事故か自殺か---若い女性が阪神高速から22メートル下に飛び降り

  8. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  9. バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

  10. 「盗まれた ランボルギーニ を見つけて」、情報提供者に懸賞金1200万円…米国

アクセスランキングをもっと見る