人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

メルセデス SLS AMG のEV、ニュルで市販EV最速タイム…7分56秒234

エコカー EV

メルセデスベンツが、年内に少量を市販する予定の『SLS AMGクーペ エレクトリックドライブ』。この『SLS AMG』のEV版が、ドイツ・ニュルブルクリンクにおいて、市販EVの最速ラップタイムを記録した。

SLS AMGクーペ エレクトリックドライブは、スーパーカーのSLS AMGの市販EVバージョン。SLS AMG は2012年6月、『SLS AMG GT』に進化し、最大出力を571psから591psへパワーアップ。SLS AMGクーペ エレクトリックドライブは、これに匹敵するパフォーマンスを追求する。

EVパワートレインは、4輪の近くに独立した4個の小型モーターを搭載。トータルで最大出力750ps、最大トルク102kgmを発生する。二次電池はリチウムイオンバッテリーで、エンジンベイ後部、センタートンネル、シート後方の3か所に配置。蓄電容量はトータル60kWh。

SLS AMGクーペ エレクトリックドライブは、発進時から102kgmもの最大トルクを引き出す。このモーターの特性を生かし、0-100km/h加速は3.9秒で駆け抜ける。これはSLS AMG GTの3.7秒と比べても、遜色ない。なお、SLS AMGクーペ エレクトリックドライブのドイツベース価格は41万6500ユーロ(約5330万円)。

6月6日、メルセデスベンツは、このSLS AMGクーペ エレクトリックドライブが、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで実施したタイムアタックの結果を公表。計測されたタイムは、7分56秒234。

このタイムは、アウディ『R8』のEV、『R8 eトロン』が2012年6月に打ち立てた8分09秒099のタイムを上回る市販EVによるコースレコード。メルセデスベンツは、「EVで8分を切ったのは初めて」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  2. テスラの新型EV、モデル3 …設計が完了

    テスラの新型EV、モデル3 …設計が完了

  3. 三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

    三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

  4. 【カーテンエアバッグ効果実証】効果は正にケタ違い

  5. メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

  6. 【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

  7. 【カーテンエアバッグ効果実証】エアバッグなしは「頭が飛ぶ」

  8. 日産 リーフ、誕生5周年…世界累計販売は20万台に

  9. 【実燃費対決】歴代 ランエボ、脅威のカタログ値超えも!

  10. 【トヨタ アクア 発表】どの販売店で買うのがおトク!?

アクセスランキングをもっと見る