ポルシェのPHVスーパーカー、918スパイダー…未だ完売に至らず

モータースポーツ/エンタメ 出版物

ポルシェが今秋から生産を開始するプラグインハイブリッドスーパーカー、『918スパイダー』。世界限定918台の同車だが、完売には至っていないようだ。

これは5月27日、『オートモーティブニュース』が伝えたもの。同メディアのインタビューに応じたポルシェの広報担当、デイブ・エンジェルマン氏は、「918スパイダーは完売していない。しかし需要は根強い」とコメントしたという。

918スパイダーはレーシングカーの『RSスパイダー』譲りの4.6リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力は612psを発生する。このV8エンジンに2個のモーターを組み合わせたPHVシステムを搭載。それぞれのモーターの最大出力は、フロントが130ps、リアが156ps。エンジンとモーターを合わせたトータル出力は、880ps以上となる。

二次電池は、蓄電容量7kWhのリチウムイオンバッテリー。918スパイダーは、「Eパワー」と呼ばれるEVモードを備え、最大30kmをゼロエミッション走行できる。EVモード時の0-100km/h加速は7秒以下、最高速は150km/h。

ポルシェの広報担当、デイブ・エンジェルマン氏は同メディアに対し、「918スパイダーの最大市場は米国になるだろう」と明言。米国ベース価格84万5000ドル(約8450万円)の同車だが、米国主要都市で内覧会を開催し、購入の可能性のある顧客へのアピールを強化する方針だという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【全日本ラリー 第3戦】プジョー 208 R2、JN5クラスで初優勝

    【全日本ラリー 第3戦】プジョー 208 R2、JN5クラスで初優勝

  2. 【新聞ウォッチ】三菱自の開発部門テコ入れ、日産の山下光彦元副社長に白羽の矢

    【新聞ウォッチ】三菱自の開発部門テコ入れ、日産の山下光彦元副社長に白羽の矢

  3. トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

    トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

  4. 【昭和のクルマを守る集い16】レオーネ4WD に サンバー…スバル歴代の個性派ずらり

  5. 【JNCC 第4戦】神業の激速ダウンヒルで、斉木達也が今季2勝目

  6. 【昭和のクルマを守る集い16】レアな存在、“修正後”のブルーバード 1300 SS

  7. 「カーグラTV」風に古谷徹が紹介…『PROJECT CARS PE』最新トレイラー公開

  8. 【第100回インディ500】佐藤琢磨、好感触の予選12位「これまでで最も素晴らしいマシン」

  9. マツダ女性レーサー育成プロジェクト、1期生が連続表彰台を獲得

  10. スバル レヴォーグ、国際自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」に特別協賛

アクセスランキングをもっと見る