ルノー、320psミッドシップの トゥイン ラン 発表…サンクターボ 再来

自動車 ニューモデル 新型車

フランスの自動車大手、ルノーは5月24日、F1グランプリ開催中のモナコにおいて、コンセプトカーの『トゥイン ラン』(Twin’Run)初公開した。

トゥイン ランは、ルノーの名車として知られる『5ターボ』(サンクターボ)へのオマージュとして企画されたコンセプトカー。5ターボは1972年に登場したルノーの小型FF車、『5』(サンク)をベースに、エンジンをミッドシップマウントに変更。WRC(世界ラリー選手権)のグループ4 参戦のホモロゲーションモデルとして開発されたモンスターマシンだった。

トゥイン ランもサンクターボ同様、エンジンをミッドシップに搭載。『メガーヌ』のレーシングカー、『メガーヌトロフィ』用の3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンは、最大出力320ps/6800rpm、最大トルク38.7kgm/4850rpmを引き出す。

これだけパワフルなエンジンを積みながら、トゥイン ランの車重は1トンを切る950kg。これはカーボンファイバーやグラスポリエステルなど、軽量素材採用の効果によるもの。また、レーシングカーと同じチューブラーシャシーとした。ボディサイズは全長3680×全幅1750×全高1493mm。ミッドシップにエンジンが鎮座するため、室内は2シーター。

320ps、38.7kgmの3.5リットルV6に、6速シーケンシャルトランスミッション、MR駆動を組みあわせたトゥイン ランは、前後重量バランスが43対57。0-100km/h加速4.5秒、最高速250km/hのパフォーマンスを実現する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

    【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  2. スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

    スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

  3. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

    スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  4. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

  5. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  6. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  7. BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

  8. トヨタ TRD ヴェルファイア、小さいパーツで大きな効果[写真蔵]

  9. ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し

  10. BMW 7シリーズに創立100周年記念モデル…最上級の室内空間 1880万円

アクセスランキングをもっと見る