レクサスの自転車、世界限定100台で価格は100万円

自動車 ニューモデル 新型車

レクサスの新型車『IS』の発表会が5月16日、東京ディズニーランドのそばの浦安ヘリポートで開催されたが、その会場で『IS』以上にマニアが注目したものがあった。それはレクサスの自転車だ。なにしろ100台しかつくられていないからだ。

かつてレクサスブランドの自転車はあったが、全くといっていいほど自転車マニアには見向きもされなかった。今回はその反省を踏まえ、「デザイン優先ではなく、自転車マニアがあこがれるような本格的なものをつくろう」(開発者でレクサス営業企画部主幹の渡邉直樹氏)と開発したそうで、そのまま自転車のレースに出ても遜色ない代物だ。

フレームはレクサス『LFA』のボディに使われたCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)を使用。そして、要の変速機はシマノ製の最新電動変速機が使われている。それだけでもン十万円もするそうだ。もちろん、その製作に当たってはレクサス同様に匠の技がふんだんに盛り込まれている。

豊田章男社長も気に入っており、社長室に飾ってあるそうだ。ただ、試乗した際には「タイヤが細すぎるので少し怖い」と話していたとのこと。これから国内のレクサス店41店舗で展示する予定で、「興味がある人はぜひ店に足を運んで見て欲しい」と渡邉氏。

希望者がいれば、販売もする方針で、価格は100万円だ。色は白と黒の2種類。ある意味で、今回発表した『IS』よりも所有者は注目の的になるかもしれない。
《山田清志》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品