西武「電車フェスタ武蔵丘」、今年は横浜から直通列車運転…6月9日

鉄道 エンタメ・イベント

昨年の「電車フェスタ in 武蔵丘」で実施されたトラバーサーの乗車体験。
  • 昨年の「電車フェスタ in 武蔵丘」で実施されたトラバーサーの乗車体験。
  • 会場で先行発売される「オリジナルプラレール『西武鉄道9000系』」。
  • 東急東横線を走行する西武の6000系。今回は東横線~みなとみらい線との相互直通運転開始に伴い元町・中華街駅から会場に直通する列車を運転する。
西武鉄道は5月16日、車両基地の一般公開イベント「西武・電車フェスタ2013 in 武蔵丘車両検修場」を武蔵丘車両検修場(埼玉県日高市)で開催すると発表した。今年は横浜方面から会場までの直通列車を運転する。開催日時は6月9日の9時30分から15時30分まで。

西武の車両基地公開イベントは、毎年6月に池袋線の武蔵丘車両検修場、8~9月に新宿線の南入曽車両基地でそれぞれ開催されている。「電車フェスタ in 武蔵丘車両検修場」では、台車入れ作業の実演やトラバーサー(鉄道車両を平行移動させる装置)の乗車体験、乗務員室や電車屋根上の見学、電車の撮影会、鉄道グッズの販売会などが行われる。

今回は西武鉄道の創立100周年とFM NACK5の25周年を記念したコラボレーション企画として、NACK5の番組「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」の公開録音が行われる。また、6月11日から発売される新商品「オリジナルプラレール『西武鉄道9000系』」の先行発売も行われる。

武蔵丘車両検修場は池袋線高麗駅から徒歩12分だが、イベント開催にあわせて車両検修場に直接乗り入れる臨時列車の運転が恒例化している。今回は東武東上線・西武池袋線~東京メトロ副都心線~東急東横線~横浜高速鉄道みなとみらい線の相互直通運転開始に伴い、みなとみらい線の元町・中華街駅から会場に直通する電車が運転される予定。運行時刻など詳細は後日発表される。このほか、飯能駅からも無料送迎バスが運転される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. JR東日本の仙石東北ライン、8月6日から女川直通

    JR東日本の仙石東北ライン、8月6日から女川直通

  3. JR北海道、留萌線留萌~増毛間の12月廃止を正式決定…廃止日を繰上げ

    JR北海道、留萌線留萌~増毛間の12月廃止を正式決定…廃止日を繰上げ

  4. JR東日本、上越新幹線で新潟の「朝採り」枝豆を車内販売…7月から

  5. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  6. JR西日本、225系「アップデート」車両を公開…阪和線などに投入

  7. 西日本大雨でJR3社の鉄道路線が運休…土砂災害も発生

  8. JR東日本、山手線新型電車の本格投入は来春から…現在の車両は中央・総武緩行線へ

  9. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  10. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

アクセスランキングをもっと見る