ポルシェ 911ターボ 新型発表…ターボS は560psツインターボ

自動車 ニューモデル 新型車

新型 ポルシェ 911 ターボS
  • 新型 ポルシェ 911 ターボS
  • 新型 ポルシェ 911 ターボS
  • 新型 ポルシェ 911 ターボS
ポルシェのドイツ本社は5月3日、新型『911ターボ』と『911ターボS』の概要を明らかにした。現行の「991」型にとって、初のターボエンジン搭載車となる。

新型のハイライトが、いっそうパワフルかつ環境性能を高めたエンジン。直噴3.8リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンは、2個のターボチャージャー(可変ジオメトリーターボ)で過給。911ターボが最大出力520ps/6000-6500rpm、最大トルク67.3kgm/1950-5000rpm、 911ターボSが最大出力560ps/6500-6750rpm、最大トルク71.4kgm/2100-4250rpm引き出す。

オーバーブーストモードでは、さらに最大トルクが向上。911ターボでは72.4kgm/2100-4250rpm、 911ターボSでは76.5kgm/2200-4000rpmへ引き上げられる。

トランスミッションは7速デュアルクラッチの「PDK」、駆動方式は4WDの「PTM」(ポルシェ・トラクション・マネジメントシステム)の最新バージョン。新開発のPTMは、電子制御マルチプレートカップリングを採用。新しいPTMは水冷機能によって前輪へのトルク伝達をよりダイレクト化し、エンジンとトランスミッション、4WDシステムの連携も最適化された。

これにより、0-100km/h加速は911ターボが3.4秒(スポーツクロノパッケージは3.2秒)、911ターボSが3.1秒。最高速は911ターボが315km/h、911ターボSが318km/hに到達する。新型911ターボのスポーツクロノパッケージの0-100km/h加速3.2秒は、先代911ターボSよりも0.1秒速い。

これだけの高性能でありながら、新型911ターボシリーズには、アイドリングストップと巡航時の気筒休止システムを採用。欧州複合モード燃費は10.3km/リットルと、先代比で最大16%改善させた。ポルシェは、「ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでのラップタイムは、ターボSで7分30秒を切る」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「大幅に静粛性を向上」

    【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「大幅に静粛性を向上」

  2. S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

    S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

  3. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

    【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  4. 【ホンダ アコードハイブリッド】内外装刷新、モーターやバッテリーも新設計

  5. 【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「全領域で40年目の進化」…改良新型

  6. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  7. 【NEW環境展16】ゴミ収集車もデザインで勝負…モリタの新ブランド戦略

  8. 日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

  9. VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

  10. BMW 7シリーズに創立100周年記念モデル…最上級の室内空間 1880万円

アクセスランキングをもっと見る