ポルシェ 911ターボ 新型発表…ターボS は560psツインターボ

自動車 ニューモデル 新型車

新型 ポルシェ 911 ターボS
  • 新型 ポルシェ 911 ターボS
  • 新型 ポルシェ 911 ターボS
  • 新型 ポルシェ 911 ターボS
ポルシェのドイツ本社は5月3日、新型『911ターボ』と『911ターボS』の概要を明らかにした。現行の「991」型にとって、初のターボエンジン搭載車となる。

新型のハイライトが、いっそうパワフルかつ環境性能を高めたエンジン。直噴3.8リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンは、2個のターボチャージャー(可変ジオメトリーターボ)で過給。911ターボが最大出力520ps/6000-6500rpm、最大トルク67.3kgm/1950-5000rpm、 911ターボSが最大出力560ps/6500-6750rpm、最大トルク71.4kgm/2100-4250rpm引き出す。

オーバーブーストモードでは、さらに最大トルクが向上。911ターボでは72.4kgm/2100-4250rpm、 911ターボSでは76.5kgm/2200-4000rpmへ引き上げられる。

トランスミッションは7速デュアルクラッチの「PDK」、駆動方式は4WDの「PTM」(ポルシェ・トラクション・マネジメントシステム)の最新バージョン。新開発のPTMは、電子制御マルチプレートカップリングを採用。新しいPTMは水冷機能によって前輪へのトルク伝達をよりダイレクト化し、エンジンとトランスミッション、4WDシステムの連携も最適化された。

これにより、0-100km/h加速は911ターボが3.4秒(スポーツクロノパッケージは3.2秒)、911ターボSが3.1秒。最高速は911ターボが315km/h、911ターボSが318km/hに到達する。新型911ターボのスポーツクロノパッケージの0-100km/h加速3.2秒は、先代911ターボSよりも0.1秒速い。

これだけの高性能でありながら、新型911ターボシリーズには、アイドリングストップと巡航時の気筒休止システムを採用。欧州複合モード燃費は10.3km/リットルと、先代比で最大16%改善させた。ポルシェは、「ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでのラップタイムは、ターボSで7分30秒を切る」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

    ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  2. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

    スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

  3. 【グッドウッド16】新型 アバルト124 スパイダー、ヒルクライムに出走

    【グッドウッド16】新型 アバルト124 スパイダー、ヒルクライムに出走

  4. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  5. VW ティグアン 新型にロング、ホワイトボディが見えた

  6. 【グッドウッド16】ランボルギーニ アヴェンタドール に「ミウラ」…名車の50周年記念車

  7. トヨタ パッソ 上質なスタイリング、その名はMODA[動画]

  8. 【グッドウッド16】メルセデス Cクラスクーペ、510馬力の「AMG 63」がヒルクライムに

  9. 【グッドウッド16】600馬力のスバル WRX STI、ヒルクライムに…マン島TT仕様

  10. CG独占入手! BMW 5シリーズツーリング、次期モデルの姿

アクセスランキングをもっと見る