中東ドバイ警察、今度はフェラーリ FF をポリスカーに採用 | レスポンス(Response.jp)

中東ドバイ警察、今度はフェラーリ FF をポリスカーに採用

自動車 ニューモデル 新型車

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニの最新作、『アヴェンタドールLP700-4』が中東ドバイの警察車両に導入され、話題となった。今度は同じドバイ警察が、フェラーリの最新ポリスカーも採用したことが判明した。

これはUAE(アラブ首長国連邦)のドバイ警察が、公式Twitterで明らかにしたもの。フェラーリ『FF』のポリスカー仕様の画像を公開している。

フェラーリFFは、最大出力660psを発生する6.3リットルV型12気筒エンジンを搭載する4WD、4シーター車。0-100km/h加速3.7秒、最高速335km/hと、フェラーリのフラッグシップに相応しい性能を誇る。日本での価格は3200万円。

フェラーリFFのポリスカーは、アヴェンタドールLP700‐4同様、白を基調にグリーンを配したボディカラー。2シーターのアヴェンタドールに対して、後席のある4シーター車のフェラーリFFは、警察車両として実用的といえるだろう。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品