ジャンボフェリー、高松~小豆島の定期航路を4月24日開設

船舶 企業動向

高松-小豆島(坂手)の定期航路
  • 高松-小豆島(坂手)の定期航路
  • 高松-小豆島(坂手)の定期航路
ジャンボフェリーでは、16年振りとなる神戸~坂手間の定期フェリー航路を2011年7月より復活させたが、さらに4月24日より坂手~高松の定期航路を開設する。

神戸~坂手間の定期フェリー航路復活時は、坂手港における車両の乗降設備上の問題などで、坂手~高松間定期航路の開設には至らず、神戸~坂手の定期航路のみの開設であったが、地元の要望、及び坂手の町おこしのチャンスとなる、瀬戸内国際芸術祭2013「醤の郷+坂手港プロジェクト」の開催を受け、高松~坂手の定期航路を開設することになった。
ただし、坂手港車両乗降設備(サイドランプ)が完成し、当技術的課題が解消するまでの間は「車両なしの旅客+原付」のみで営業を開始する。

また、フェリー航路だけでなく、瀬戸内国際芸術祭を目的で坂手を訪れる観光客の利便性の確保と、坂手の魅力をアピールするために、土休日等に、ヤノベケンジ作の高速船「バルカソラーレ(太陽の船の意)」を運航する。

便数は、通常ダイヤが1日5便(全てフェリー)、特別ダイヤ(~5月6日の土休日、7月~11月の土休日・お盆期間)が1日8便(フェリー6便、高速船2便)。

所要時間は、フェリー1時間10分、高速船40分。料金は「フェリー・高速船共通きっぷ」大人600円、小人300円だ。
《平泉翔》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 【海の日】6400台積載可、自動車運搬船「アクアマリンエース」を見学できる

    【海の日】6400台積載可、自動車運搬船「アクアマリンエース」を見学できる

  2. 国土交通省、ハワイ向け出向前に練習船「銀河丸」の見学会を開催…5月7日

    国土交通省、ハワイ向け出向前に練習船「銀河丸」の見学会を開催…5月7日

  3. 日本マリン事業協会、「マリンカーニバル 2016 in アーバンドック ららぽーと豊洲」を開催…6月4・5日

    日本マリン事業協会、「マリンカーニバル 2016 in アーバンドック ららぽーと豊洲」を開催…6月4・5日

  4. 三浦工業、舶用補助ボイラ用 700cSt 対応小型バーナ開発…高粘度燃料油対応が可能に

  5. 国土交通省、関西から首都圏へ災害支援物資を海上輸送する実効性を検証

  6. 世界遺産が期待する1時間30分、新造船「おがさわら丸」「ははじま丸」の就航

  7. 船橋港で見る南極観測船「しらせ」、氷を砕く知恵とドラマと推進力[フォトレポート]

  8. 北朝鮮の弾道ミサイル、航空機と船舶への被害確認なし…内閣官房

  9. 川崎汽船、LPG輸送船 “GALAXY RIVER” 竣工…パナマ運河拡張にも対応

  10. 国土交通省、船旅活性化モデル地区で旅客船事業の運用を緩和

アクセスランキングをもっと見る