ジャンボフェリー、高松~小豆島の定期航路を4月24日開設

船舶 企業動向

高松-小豆島(坂手)の定期航路
  • 高松-小豆島(坂手)の定期航路
  • 高松-小豆島(坂手)の定期航路
ジャンボフェリーでは、16年振りとなる神戸~坂手間の定期フェリー航路を2011年7月より復活させたが、さらに4月24日より坂手~高松の定期航路を開設する。

神戸~坂手間の定期フェリー航路復活時は、坂手港における車両の乗降設備上の問題などで、坂手~高松間定期航路の開設には至らず、神戸~坂手の定期航路のみの開設であったが、地元の要望、及び坂手の町おこしのチャンスとなる、瀬戸内国際芸術祭2013「醤の郷+坂手港プロジェクト」の開催を受け、高松~坂手の定期航路を開設することになった。
ただし、坂手港車両乗降設備(サイドランプ)が完成し、当技術的課題が解消するまでの間は「車両なしの旅客+原付」のみで営業を開始する。

また、フェリー航路だけでなく、瀬戸内国際芸術祭を目的で坂手を訪れる観光客の利便性の確保と、坂手の魅力をアピールするために、土休日等に、ヤノベケンジ作の高速船「バルカソラーレ(太陽の船の意)」を運航する。

便数は、通常ダイヤが1日5便(全てフェリー)、特別ダイヤ(~5月6日の土休日、7月~11月の土休日・お盆期間)が1日8便(フェリー6便、高速船2便)。

所要時間は、フェリー1時間10分、高速船40分。料金は「フェリー・高速船共通きっぷ」大人600円、小人300円だ。
《平泉翔》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 海上保安庁、伊勢志摩サミットに向けて海上警備準備本部を設置

    海上保安庁、伊勢志摩サミットに向けて海上警備準備本部を設置

  2. 【静岡ホビーショー16】ハセガワ、新作ウォーターライン「日本海軍 戦艦 三笠」を展示

    【静岡ホビーショー16】ハセガワ、新作ウォーターライン「日本海軍 戦艦 三笠」を展示

  3. ホンダ、米航空エンジン工場の拡張工事に着手…2017年完成へ

    ホンダ、米航空エンジン工場の拡張工事に着手…2017年完成へ

  4. 日本・韓国・ドイツ・台湾の船会社6社が提携…「ザ・アライアンス」を設立

  5. 三菱重工、1番船の失敗を踏まえ改善対策…客船事業評価委員会を設置

  6. 日系海運大手3社、中国当局が完成車の海上輸送で独禁法違反を決定

  7. 世界最大級客船の名前は「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」に決定…ロイヤル・カリビアン

  8. ポナンが運航する外航客船「ル・ソレアル」が東京港に初入港…4月3日

  9. ヤマハ発動機、470級ヨットのセーリングチームを結成…参戦用の艇体を開発

  10. 三菱重工、総客室数1643室の大型客船をアイーダ・クルーズに引き渡し…当初計画から1年遅れ

アクセスランキングをもっと見る