人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ジャンボフェリー、高松~小豆島の定期航路を4月24日開設

船舶 企業動向

高松-小豆島(坂手)の定期航路
  • 高松-小豆島(坂手)の定期航路
  • 高松-小豆島(坂手)の定期航路
ジャンボフェリーでは、16年振りとなる神戸~坂手間の定期フェリー航路を2011年7月より復活させたが、さらに4月24日より坂手~高松の定期航路を開設する。

神戸~坂手間の定期フェリー航路復活時は、坂手港における車両の乗降設備上の問題などで、坂手~高松間定期航路の開設には至らず、神戸~坂手の定期航路のみの開設であったが、地元の要望、及び坂手の町おこしのチャンスとなる、瀬戸内国際芸術祭2013「醤の郷+坂手港プロジェクト」の開催を受け、高松~坂手の定期航路を開設することになった。
ただし、坂手港車両乗降設備(サイドランプ)が完成し、当技術的課題が解消するまでの間は「車両なしの旅客+原付」のみで営業を開始する。

また、フェリー航路だけでなく、瀬戸内国際芸術祭を目的で坂手を訪れる観光客の利便性の確保と、坂手の魅力をアピールするために、土休日等に、ヤノベケンジ作の高速船「バルカソラーレ(太陽の船の意)」を運航する。

便数は、通常ダイヤが1日5便(全てフェリー)、特別ダイヤ(~5月6日の土休日、7月~11月の土休日・お盆期間)が1日8便(フェリー6便、高速船2便)。

所要時間は、フェリー1時間10分、高速船40分。料金は「フェリー・高速船共通きっぷ」大人600円、小人300円だ。
《平泉翔》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 新造船「ガンツウ」で瀬戸内海クルーズ 2017年9月から

    新造船「ガンツウ」で瀬戸内海クルーズ 2017年9月から

  2. 三菱重工など4社、造船事業での提携を協議

    三菱重工など4社、造船事業での提携を協議

  3. AIを活用して海運市況を予測…商船三井と横浜国大が共同研究

    AIを活用して海運市況を予測…商船三井と横浜国大が共同研究

  4. 「氷川丸」重要文化財に正式指定…記念展示12月25日まで

  5. 東京=父島間に新造船「おがさわら丸」が就航

  6. ヤマハ発動機、「マリンカーニバル2016」にフラッグシップスポーツボートなどを出展

  7. サリナ・ジョーンズが船上ライブ…プリンセスクルーズの「ジャズ・クルーズ」

  8. 最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

  9. ジャパン・マリンユナイテッド、省エネ装置を装着したバルクキャリア「翔遥」を引き渡し

  10. 巨大なクレーンによって原子力空母ジェラルド・R.フォードの甲板に下ろされる艦橋

アクセスランキングをもっと見る