小田急電鉄は3月14日、小田急小田原線(代々木上原駅~梅ヶ丘駅間)複々線化事業期間を発表した。

事業では、3月23日に在来線の地下化した後、抜本的な輸送力増強、混雑緩和策である複々線化事業完成に向けて、残る2線分のトンネル工事や、駅舎工事、交差道路の整備などを進めていく。事業完成までの期間を2018年度まで伸ばす予定。複々線化は、2017年度の使用開始を目指す。

小田急では、同区間の複々線化が完成すると、これまでに完成した世田谷代田駅~和泉多摩川駅間とあわせて複々線運転を行うことで、列車本数の増発が可能となるなど、混雑緩和が図れる。

東北沢駅~和泉多摩川駅間の複々線化事業の投資額は約3100億円。
《編集部》