トヨタ自動車は、テレビCMにも登場させているピンクの『クラウン』について限定で約50台生産、全国のトヨタ店(一部トヨペット店含む)に1台ずつ配置する。当面は「非売品扱いで、クラウンのPR活動に使う」(広報部)ことにしている。

このクラウンは「アスリート」のハイブリッド車(HV)をベースに2012年12月の発表時点では、数台試作していた。テレビCMの「Re BORN」シリーズに登場するなどで、話題を呼び、クラウンを扱うトヨタ店からも配車要望が多く寄せられていたという。

当面は1社1台となり、トヨタ店各社では営業所を巡回展示させるなどで販促活動に役立てる。豊田章男社長は、クラウンの発表時に「このクルマも、やがて街を走ることになると、お約束する」としており、今後は反響を見ながら、市販にも応じていく。
《池原照雄》