ZMP、自動運転可能な超小型EV・RoboCar MV2 を販売開始

エコカー EV

ZMPは、トヨタ車体製超小型電気自動車(EV)『コムス』をベースに、ステアリング、アクセル、ブレーキを制御可能とした研究開発用プラットフォーム車両『RoboCar MV2 タイプB』の販売を開始した。

RoboCar MV2 タイプBは、コムスをベースに、ZMPオリジナル制御コントローラ、自動操舵システム、自動ブレーキシステムを搭載、コンピュータにより、ステアリング、アクセル、ブレーキを制御可能とした実験用の超小型電気自動車。車速やブレーキ、ハンドル操作などを制御可能なライブラリが用意されているため、ユーザーは障害物回避や自動運転、遠隔操縦などのアプリケーションの開発をスムーズに行うことができる。

超小型EV『RoboCar MV』は、2011年1月より販売を開始し、自動車および部品メーカ、大学等の研究機関において、運転支援や予防安全技術の開発、自社製品・技術の評価といった用途で利用されている。今回販売開始したRoboCar MV2はその後継機種で、大幅なコストダウンと利便性を向上させている。

価格は、CANにより車両の制御が可能な車両本体「RoboCar MV2 タイプBプラットフォーム」が498万円(税別)、同プラットフォームと合わせて使うことで、すべての機能をPC上のアプリケーションから利用可能となる「RoboCar MV2コントロールPC&SDK」が98万円(税別)。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品