ZMP、自動運転可能な超小型EV・RoboCar MV2 を販売開始

エコカー EV

ZMPは、トヨタ車体製超小型電気自動車(EV)『コムス』をベースに、ステアリング、アクセル、ブレーキを制御可能とした研究開発用プラットフォーム車両『RoboCar MV2 タイプB』の販売を開始した。

RoboCar MV2 タイプBは、コムスをベースに、ZMPオリジナル制御コントローラ、自動操舵システム、自動ブレーキシステムを搭載、コンピュータにより、ステアリング、アクセル、ブレーキを制御可能とした実験用の超小型電気自動車。車速やブレーキ、ハンドル操作などを制御可能なライブラリが用意されているため、ユーザーは障害物回避や自動運転、遠隔操縦などのアプリケーションの開発をスムーズに行うことができる。

超小型EV『RoboCar MV』は、2011年1月より販売を開始し、自動車および部品メーカ、大学等の研究機関において、運転支援や予防安全技術の開発、自社製品・技術の評価といった用途で利用されている。今回販売開始したRoboCar MV2はその後継機種で、大幅なコストダウンと利便性を向上させている。

価格は、CANにより車両の制御が可能な車両本体「RoboCar MV2 タイプBプラットフォーム」が498万円(税別)、同プラットフォームと合わせて使うことで、すべての機能をPC上のアプリケーションから利用可能となる「RoboCar MV2コントロールPC&SDK」が98万円(税別)。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

    米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

  2. 産総研など、リチウムイオン電池内部の反応不均一性の可視化に成功…EV用電池の設計に適用

    産総研など、リチウムイオン電池内部の反応不均一性の可視化に成功…EV用電池の設計に適用

  3. ジャパンEVラリー、7月16日~18日に開催…乗鞍スカイラインで雲上のEVドライブ

    ジャパンEVラリー、7月16日~18日に開催…乗鞍スカイラインで雲上のEVドライブ

  4. テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

  5. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  6. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  7. ガソリンエンジンの自己着火、課題と実現への目算…次世代SKYACTIV開発者に聞く

  8. 米EVテスラ、過去最大規模の公募増資…モデル3 の生産準備

  9. 日産、伊勢志摩サミット開催地などへ e-NV200 を無償貸与

  10. リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップは三洋電機

アクセスランキングをもっと見る