フィリップ・スタルクが開発しプジョーが生産する自転車、ボルドーに導入

自動車 ビジネス 企業動向

フィリップ・スタルク氏(右)とボルドー市長アラン・ジュペ氏
  • フィリップ・スタルク氏(右)とボルドー市長アラン・ジュペ氏
プジョーの自転車部門プジョーサイクルは2月19日、仏ボルドー市長アラン・ジュペ氏、世界的に有名なデザイナーのフィリップ・スタルク氏とともに、ボルドー市役所で、バイクスクーターというまったく新しいコンセプトの乗り物「PIBAL」のプロトタイプを発表した。

PIBALはボルドー市が主催した「Cyclab」というプロジェクトから生まれた。2011年11月28日から今年1月20日までの間、専用ウェブサイトで市民からアイデアを募ったうえで、昨年2月10日にスタルク氏とジュペ市長が作品を発表した。今回のPIBALはこれを具現化したものだ。

コンセプトは「バイク・スクーター」で、ペダルの前にステップを持つことが最大の特徴。アルミフレーム、蛍光色のホイール、リアのキャリアを含め、スタルクらしい革新的なデザインになっている。耐久性、機能性、低価格にも気を配ったという。

ボルドーはこの15年間で自転車の数が3倍に増え、市民の10%は通勤に自転車を使っているという。また2003年からは、無料で借りることができるレンタサイクルを合計3500台配備している。

プジョーサイクルは生産を担当。自転車作り約130年の経験が認められた形になった。パリの東南東約100kmに位置するロミイ・スール・セーヌの工場で生産を行い、まずは公園のレンタサイクルを、これに置き換えていく予定だという。
《森口将之》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

    スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  3. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  4. スズキ鈴木会長「不正を深くお詫びする」…燃費データ問題で、販売は継続

  5. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  6. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  7. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  8. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  9. ミシュランガイド富山・石川、日本料理「山崎」が三つ星獲得

  10. 「ミシュランガイド富山・石川2016特別版」発売前にウェブで先行公開

アクセスランキングをもっと見る