人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

東京メトロ、大規模災害発生時、改札口ディスプレイで情報発信

鉄道 企業動向

東京メトロは、東日本大震災のような大規模災害が発生した際、改札口ディスプレイを使って利用客に災害に関する情報を発信できるように整備する。運用開始は2月8日から。

一昨年に発生した東日本大震災では、災害の大きさから、多くの人が家族の安否を心配し、災害の発生状況や被災状況について情報を収集した。

これを受けて同社では、大規模災害が発生した際、メトロが管理する全169駅に設置されている1357台の改札口ディスプレイに日本放送協会(NHK)が放映する非常災害時緊急放送を放映し、災害に関連する情報を迅速に発信する。

東京メトロでは、大規模浸水や大地震などの自然災害による被害を未然に防ぐための対策を強化しているほか、大規模災害発生時に利用者の安全を確保するため、今後も様々な取り組みを行っていくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大津駅のリニューアル10月完了へ…商業施設オープン

    JR西日本、大津駅のリニューアル10月完了へ…商業施設オープン

  2. 西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

    西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

  3. とさでん交通、ネーミングライツを実施…高知橋停留場

    とさでん交通、ネーミングライツを実施…高知橋停留場

  4. 駅のホームドア整備を促す安全性向上検討会で、一般乗客への誘導案内依頼も議論

  5. 北海道などで鉄道各線が運休…台風9号の影響

  6. 東武、昭和の蒸気機関車時代…面影残す千住のレール[フォトレポート]

  7. 日本製車両のバンコク都市鉄道新路線、ガラガラで運賃値下げ検討

  8. JR東日本、高崎支社の211系をリニューアル

  9. 「トワイライトエクスプレス瑞風」先頭車、宮原操入り---展望デッキ付き

  10. コマツ、鉄道用エンジンの販売・サービスを展開するコマツディーゼルを吸収合併

アクセスランキングをもっと見る