人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

小田急、環境省とコラボした「環境PR列車」を1カ月間運行

鉄道 企業動向

小田急電鉄は、1月18日から約1カ月間、環境省が地球温暖化防止を目的として推奨するスマートムーブとコラボレーションした環境PR列車を運行する。

環境PR列車内では、スマートムーブの取り組みをアピールして、普段意識をせずに利用している電車自体が環境負荷の小さいスマートムーブであることを広く周知していく。

また、スマートムーブの提唱する公共交通の利用促進や移動・交通でのCO2削減取り組みへの参加、エコドライブなど、5つの取り組みにあわせた小田急グループでの取り組みについても紹介し、車内をスマートムーブ一色にする。

環境PR列車は3000形車両2編成で、8両、10両をそれぞれ1編成する。

今回の取り組みは、新宿西口地上改札口横、成城学園前駅のデジタルサイネージでも紹介する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 西武鉄道、多摩湖線の代行輸送を増強

    西武鉄道、多摩湖線の代行輸送を増強

  2. 阪神電鉄、駅内外に「オープン型宅配ロッカー」を設置

    阪神電鉄、駅内外に「オープン型宅配ロッカー」を設置

  3. JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

    JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

  4. 東京メトロと東武鉄道、荷物輸送の実証実験…物流3社と共同実施

  5. 消滅していない? JR東海が東海道線で急行列車を運行

  6. 函館本線山線経由の特急『ニセコ』運転 8月29日から

  7. 神奈川東部方面線、2022年下期の開業に…当初より3年遅れ

  8. 【SL乗務員OBトーク #3】東北初の寝台特急「はくつる」牽引、C61の行路

  9. 多摩モノレールの利用者数、7億人突破…記念ヘッドマーク掲出

  10. JR西日本、山陰エリアにICカード導入…岡山エリアと接続

アクセスランキングをもっと見る