人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【東京オートサロン13】ナイト2000を目指したスマホアプリ…ドコモが参考展示

自動車 ニューモデル 新型車

1月13日まで開催される東京オートサロン2013。ドコモブースでは、80年代にヒットした米国ドラマ『ナイトライダー』とのコラボレーションを実施、カーナビサービス『ドコモ ドライブネット』の将来像を示す参考展示を行っている。

ブースには、82年式『トランザム』をベースに製作した「ナイト2000」のカスタムカーと並び、ナイト2000に搭載される人工知能『K.I.T.T.(キット)』を再現したスマートフォンが展示された。

展示されたスマートフォンには、ナイト2000の「K.I.T.T.」をイメージしたインターフェースが採用されており、“おなかがすいた”などと話しかけると、おすすめのお店などを案内して、音声対話より目的地設定をできる。

また、音声による車両制御の実演も実施していて、ミニチュアモデルでの再現ではあるが、実際に“ライトつけて”と発話するとライトの点灯をしたり、“ドアを開けて”と言えばドアを開くことも可能。

参考展示について、開発を担当するNTTドコモの宮澤裕之氏は「ドコモドライブネットが“しゃべってコンシェル”と連携して、話しかけるカタチで目的地設定をできたり音声案内が出来るサービスとなります」と説明、音声対話の精度を上げている途中という。

印象的なのは、K.I.T.T.を象徴するボイスインジケータであるが、その実現性について、宮澤氏は「あれを見て、一発で“ナイトライダーだ!”ってわかって頂けるので、今後、カスタマイズできるようなカタチを考えようと思っています」と話した。

なお、ドコモドライブネットでは1月31日までの期間限定で、K.I.T.T.(キット)の声を担当する野島昭生氏の音声がダウンロードすることができ、ナビの音声案内の部分ではナイトライダーの気分を楽しめることができる。

会場には、新たに音声部分が収録されたナイトライダーの映像が流れ、マイケル・ナイトの声を担当する佐々木功氏、K.I.T.T.(キット)の声を担当する野島昭生氏の掛け合いも、楽しみの一つとなっている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

    【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  2. 中国ジーリー、新型コンパクトSUVで世界進出へ

    中国ジーリー、新型コンパクトSUVで世界進出へ

  3. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

    ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  4. 【パリモーターショー16】スマート 新型にEV、初公開へ

  5. ボルボ、S60/V60 ディーゼルモデルにスポーティな特別仕様を設定

  6. ポルシェ 911 史上最強!?「GT2 RS」がニュル降臨

  7. メルセデス S300h および S550eロング に左ハンドル仕様を追加

  8. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

  9. メルセデス Eクラスワゴン新型、欧州での受注を開始

  10. ポルシェ パナメーラ 新型、ニュルで7分38秒…高級セダン最速

アクセスランキングをもっと見る