人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【ロサンゼルスモーターショー12】メルセデスベンツ、エナGフォース出品…未来のGクラス提案

自動車 ニューモデル モーターショー

米国で11月28日(日本時間11月29日未明)、開幕したロサンゼルスモーターショー12。メルセデスベンツのブースでは、コンセプトカーの『エナGフォース』(Ener-G-Force)が注目を集めた。

エナGフォースは、メルセデスベンツ伝統のSUV、『Gクラス』の未来形を提案したコンセプトカー。ロサンゼルスモーターショーの恒例イベント、「デザインチャレンジ」のために製作された1台だ。

デザインチャレンジは、米国カリフォルニア州にデザイン拠点を置く自動車メーカーが参加するデザインコンペティション。2012年は、GM、BMWグループ、メルセデスベンツ、ホンダ(日本と米国)、スバルがエントリーしている。イメージスケッチ公開止まりの他社に対して、実物大モデルを製作したメルセデスベンツの意気込みは凄い。

2012年のデザインチャレンジのテーマは、「2025年のハイウェイパトロールカー」。エナGフォースは燃料電池車で、ルーフ上のタンクに雨水をためて、水素を作り出す。最大航続可能距離は800km。

Gクラス伝統のオフロード性能に関しては、「テレーンスキャン」と呼ばれるシステムを採用。これはルーフに取り付けられたスキャナーが地形をモニターし、そのデータを元にしてダンパーの減衰力などを調整するアイデアだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

    【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  4. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  7. 【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  8. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  9. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  10. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、高級車の内装の新基準を提示

アクセスランキングをもっと見る