米運輸省ナンバー2、グーグルに転職…ロボットカーの開発強化へ

モータースポーツ/エンタメ 出版物

先代トヨタ プリウスがベースのグーグルのロボットカー
  • 先代トヨタ プリウスがベースのグーグルのロボットカー
  • 米運輸省ナンバー2のグーグル転職を伝えた米『ザ・デトロイトニュース』
米国の自動車関連の行政を統括する運輸省道路交通安全局(NHTSA)。そのNHTSAのナンバー2が、グーグルに転職することが分かった。

これは11月16日、米国の『ザ・デトロイトニュース』が報じたもの。「NHTSAのロン・メドフォード局長代理がNHTSAを退職し、2013年1月からグーグルに転職する」と伝えたのだ。

ロン・メドフォード局長代理は、NHTSAに約40年間在籍。レイ・ラフード長官に次ぐ、NHTSAナンバー2のポジションにある。そのメドフォード局長代理が、グーグルにヘッドハンティングされた理由は何か。

同メディアが指摘するのが、グーグルが推進するロボットカー(自動運転車)の開発の強化。ロン・メドフォード局長代理は2013年1月から、グーグルでロボットカー開発の安全担当責任者に就任するという。

なおグーグルの広報担当者は、同メディアの取材に対して、「ロン・メドフォード局長代理をヘッドハンティングした」と認めている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 太田哲也氏によるドライビングレッスン、教習車は ゴルフR MTモデルなど…6月11日 袖ヶ浦

    太田哲也氏によるドライビングレッスン、教習車は ゴルフR MTモデルなど…6月11日 袖ヶ浦

  2. NERV中日本 EVANGELION足柄、5月8日に活動限界

    NERV中日本 EVANGELION足柄、5月8日に活動限界

  3. 【新聞ウォッチ】揺れる三菱自、生産停止の水島製作所1300人の賃金カット交渉

    【新聞ウォッチ】揺れる三菱自、生産停止の水島製作所1300人の賃金カット交渉

  4. 【F1 ロシアGP】レッドブル提案のコックピット保護システム「エアロスクリーン」が初登場

  5. 【F1 ロシアGP】ロズベルグが開幕4連勝…ホンダもダブル入賞果たす

  6. 【サーキット美人2016】SUPER GT編『2016 RAYBRIG レースクイーン』

  7. 【SUPER GT 第2戦】富士スピードウェイ、開業50周年記念冊子を無料配布

  8. 【SUPER GT 第2戦】富士直前、注目マシンとレースクイーン総ざらい[写真蔵]

  9. メルセデス GLC、米10ベストインテリア2016に選出

  10. 【サーキット美人2016】SUPER GT編『AUTECH Race Queen/MOTUL Circuit Lady』

アクセスランキングをもっと見る