【スズキ ワゴンR 新型発表】低燃費化技術投入、軽ワゴントップの28.8km/リットル

自動車 ニューモデル 新型車

スズキは、新型『ワゴンR』を9月6日より、新型『ワゴンRスティングレー』を9月19日より発売する。

同社は、ものづくりのために開発・投入する環境技術、低燃費化技術、軽量化技術などの新技術を「スズキグリーン テクノロジー」と総称。今後の商品開発に投入していくとしているが、今回のワゴンRがその第一弾となる。

新型車は、軽自動車初となる先進的な低燃費化技術「エネチャージ」「新アイドリングストップシステム」「エコクール」を全車に採用。軽ワゴントップの低燃費、28.8km/リットル(JC08モード、NAエンジン・2WD車)を実現した。

エネチャージは、既存のアイドリングストップ車専用の鉛バッテリーに加え、高効率なリチウムイオンバッテリーと高効率・高出カのオルタネーターを併用した、スズキ独自の減速エネルギー回生機構システム。新アイドリングストップシステムでは、停止前の減速時、アクセルを離したときから燃料をカットし、さらにブレーキを踏んで13km/h以下になると自動でエンジンを停止する。エコクールは、アイドリングストップ中、エアコンが停止し送風状態になった時、蓄冷材を通した冷風を室内に送ることで車室内の温度上昇を抑制する。

また、最大70kgにも及ぶ車体の軽量化で、軽ワゴン最軽量となる780kg(ワゴンR FX 2WD車)を実現したほか、パワートレインの高効率化、各部の摩擦抵抗低減など、基礎技術を徹底して追求。新世代「R06A型エンジン」と改良型CVTの組み合わせ、「エネチャージ」の採用や車体の軽量化などにより、軽やかな加速とキビキビとした走りを実現した。

パッケージングでは、ロングホイールベースの新プラットフォームを採用し、室内長、前後乗員間距離を拡大。広々とした室内空間を実現した。スタイリングでは、一目でワゴンRと分かる、力強く上質に進化したデザインとした。

装備面では、簡単で多彩なシートアレンジを継承。収納スペースは収納力と使いやすさを追求。全車にフルオートエアコンや、エコ運転を支援する「エコドライブアシスト照明」「エコスコア」を標準装備した。

なお、新型車は、ターボエンジン搭載車も含め、2WD・4WD車ともに全車エコカー減税の免税対象車となる。

価格はワゴンRが110万9850円から、同スティングレーが133万3500円から。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

    日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  2. ポルシェ パナメーラ 新型、初公開…4.0ツインターボは550馬力

    ポルシェ パナメーラ 新型、初公開…4.0ツインターボは550馬力

  3. 【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

    【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

  4. ルノー メガーヌCC 次世代型、市販モデルはこうなる

  5. シトロエン C3 新型の画像リーク、「エアバンプ」が見えた…正式発表せまる

  6. 【グッドウッド16】フェラーリ F12 tdf がヒルクライム…780馬力を解き放つ

  7. 生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

  8. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  9. メルセデス Eクラス 新型にロング、生産開始…中国工場

  10. アウディ最小SUVにも“S”…300馬力の「SQ2」を見た

アクセスランキングをもっと見る