スズキは、燃費向上に貢献する技術として、減速時エネルギー回生機構「エネチャージ」と、蓄冷材を通した冷風を室内に送る「エコクール」を開発したと発表した。

制御を進化させた新アイドリングストップ機能にエネチャージとエコクールを組み合わせることで、加速性、快適性を高めながら低燃費を実現。9月に発売予定の新型『ワゴンR』に軽自動車で初めて搭載する。

エネチャージは、既存のアイドリングストップ車専用の鉛バッテリーに加え、リチウムイオンバッテリーと高効率・高出カのオルタネーターを併用したスズキ独自の減速エネルギー回生機構。減速時の運動エネルギーで充電した電気を、走行に必要な電装品に供給することで、発電によるエンジンの負担を軽減し燃料消費を抑制する。

エコクールは、エアコン空調ユニットの中に蓄冷材を採用し、アイドリングストップ中の車室内に蓄冷材を通した冷風を送るもの。この冷風により室温の上昇を抑え快適性を保ちながら、エンジン再始動時間を遅らせることで燃料消費抑制に貢献する。

9月に発売予定の新型ワゴンRは、エネチャージと新アイドリングストップ機構の採用に加え、軽量化をはじめとしたさまざまな低燃費化技術の投入により、軽ワゴンクラスでトップの低燃費28.8km/リットル(JC08モード:NA2WD CVT車)を実現。さらにエコクールの採用により、乗員の快適性を確保しながらアイドリングストップ機構の効果を高めるという。
《纐纈敏也@DAYS》