人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【スズキ ワゴンR 発表直前】新技術「エネチャージ」と「エコクール」を搭載

自動車 ニューモデル 新型車

スズキは、燃費向上に貢献する技術として、減速時エネルギー回生機構「エネチャージ」と、蓄冷材を通した冷風を室内に送る「エコクール」を開発したと発表した。

制御を進化させた新アイドリングストップ機能にエネチャージとエコクールを組み合わせることで、加速性、快適性を高めながら低燃費を実現。9月に発売予定の新型『ワゴンR』に軽自動車で初めて搭載する。

エネチャージは、既存のアイドリングストップ車専用の鉛バッテリーに加え、リチウムイオンバッテリーと高効率・高出カのオルタネーターを併用したスズキ独自の減速エネルギー回生機構。減速時の運動エネルギーで充電した電気を、走行に必要な電装品に供給することで、発電によるエンジンの負担を軽減し燃料消費を抑制する。

エコクールは、エアコン空調ユニットの中に蓄冷材を採用し、アイドリングストップ中の車室内に蓄冷材を通した冷風を送るもの。この冷風により室温の上昇を抑え快適性を保ちながら、エンジン再始動時間を遅らせることで燃料消費抑制に貢献する。

9月に発売予定の新型ワゴンRは、エネチャージと新アイドリングストップ機構の採用に加え、軽量化をはじめとしたさまざまな低燃費化技術の投入により、軽ワゴンクラスでトップの低燃費28.8km/リットル(JC08モード:NA2WD CVT車)を実現。さらにエコクールの採用により、乗員の快適性を確保しながらアイドリングストップ機構の効果を高めるという。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 出た!スズキ スイフト 次期型、衝撃のフロントマスク[写真12枚]

    出た!スズキ スイフト 次期型、衝撃のフロントマスク[写真12枚]

  2. メルセデス Eクラス 新型 に「オールテレーン」…SUV派生へ

    メルセデス Eクラス 新型 に「オールテレーン」…SUV派生へ

  3. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  4. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  5. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  6. アウディ R8 スパイダー 新型、欧州受注を開始…0‐100km/h加速3.6秒のオープンエア

  7. ポルシェ パナメーラ 新型に「エクスクルーシブ」…特別仕立て

  8. アストンマーティン DB9、生産終了…13年の歴史に幕

  9. スバル XVハイブリッド、STIコンプリートモデルの先行予約を開始

  10. 日産 GT-R 2017年モデル、ダンロップの高性能ランフラットタイヤを新車装着

アクセスランキングをもっと見る