ランボルギーニのSUV、URUS…市販版はラインナップ最安価格で登場か

モータースポーツ/エンタメ 出版物

ランボルギーニが、4月の北京モーターショー12で初公開したSUVコンセプト、『URUS』。同車の市販バージョンに関して、興味深い情報をキャッチした。

これは12日、英国の自動車メディア、『car』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「URUSの市販版の価格は、17万ユーロ(約1650万円)程度になる」と伝えたのだ。

この17万ユーロの価格、注目すべきはランボルギーニのラインナップで最も安くなるという点。現行『ガヤルド』の日本国内ベース価格が2300万円だから、URUSの市販版には、ユーロ安の影響を考慮しても、思い切った値付けが行われる可能性があるわけだ。

ランボルギーニはURUSに関して、「量産化の最終的な決定は下されていない」との見解。URUSは、CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)やカーボンファイバーの積極採用で、クラス最軽量を追求。エンジン形式は未公表ながら、最大出力600psを引き出し、デュアルクラッチトランスミッションとフルタイム4WDを組み合わせる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【パイクスピーク16】ルマン勝者、デュマ選手が制す…エンジンはホンダ製

    【パイクスピーク16】ルマン勝者、デュマ選手が制す…エンジンはホンダ製

  2. 関東の大学生たちがダートラで泥まみれの激闘…男子は東大、女子は青学が優勝

    関東の大学生たちがダートラで泥まみれの激闘…男子は東大、女子は青学が優勝

  3. 世界に誇るニホンの力!! スズキ ワゴンR 次期型を完全捕捉…『ベストカー』7月26日号

    世界に誇るニホンの力!! スズキ ワゴンR 次期型を完全捕捉…『ベストカー』7月26日号

  4. 【パイクスピーク16】ホンダ NSX 新型、量産車クラスで優勝

  5. 知らなきゃ損!? クルマ選びの新常識…『月刊自家用車』8月号

  6. 【新聞ウォッチ】出光興産、創業家の反乱---昭和シェルとの合併に反対表明

  7. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  8. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  9. 【新聞ウォッチ】中国サッカークラブ「広州恒大」が東風日産に4億円の賠償金

  10. 【グッドウッド16】今年のオブジェはBMW、3台の伝説レーサーが競演

アクセスランキングをもっと見る