人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ランボルギーニ、ガヤルドのレースマシン公道仕様を国内発表

自動車 ニューモデル 新型車

高級時計メーカー、ブランパンとランボルギーニは7月13日、新製品発表会をシテ・ドゥ・タン ギンザにて行った。会見では7月14日に行われるスーパートロフェオ チャンピオンシップ アジアシリーズにも触れ、国内における両社のパートナーシップ活動をアピールした。

ランボルギーニは、同社が主催するワンメイクレース「スーパートロフェオ チャンピオンシップ」初のアジアシリーズを2012年よりスタートした。同レースのスポンサーを務めるブランパンはレースからインスパイアされた腕時計「L-エボリューション スプリット セコンド フライバック クロノグラフ」を、ランボルギーニは限定車であるランボルギーニ 『ガヤルドLP570-4スーパートロフェオ ストラダーレ』を発表した。

会見ではまず。ブランパンの副社長兼マーケティング責任者のアラン・デラムラ氏が「L-エボリューション スプリット セコンド フライバック クロノグラフ」を紹介。「ランボルギーニとは同じ価値観とビジョンをわかちあっており、ブランパンCEOのマーク・ハイエック自身もスーパートロフェオのヨーロッパシリーズ2009、2010年にドライバーとして参加しております」と語り、両社のパートナーシップをアピールした。なお時計の価格は540万7500円。

その後、アウトモビリ・ランボルギーニ R&Dダイレクター兼モータースポーツ責任者であるマウリツィオ・レジャーニ氏がガヤルドLP570-4スーパートロフェオ ストラダーレを紹介するとともに、7月14・15日の両日に富士スピードウェイにて行われる、スーパートロフェオ アジアシリーズ第2戦について触れた。

ガヤルドLP570-4スーパートロフェオ ストラダーレは、世界最速ワンメイクレースの一つと言われるスーパートロフェオ車両のロードゴーイングバージョン。乾燥重量1340kg、最新のV10エンジンを搭載し、最高出力は570ps、0-100km/h加速は3.4秒というスペックを誇る。イタリア統合150周年を祝って、150台の限定生産としている。価格は3136万8750円だ。
《山本 一雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

    VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  2. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

    【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  3. 【パリモーターショー16】シトロエン C3 新型を初公開へ…エアバンプも設定

    【パリモーターショー16】シトロエン C3 新型を初公開へ…エアバンプも設定

  4. 【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

  5. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode 57」…チューニングで702馬力へ

  6. トヨタ プロボックス&サクシードを一部改良…セーフティ センスCを標準装備

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  9. 【モスクワモーターショー16】ラーダ XRAY に「スポーツ」…エンジンと足回り強化

  10. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

アクセスランキングをもっと見る