トヨタ車体は2日、1人乗りの超小型電気自動車『コムス』を全面改良し、発売した。価格は66万8000~79万8000円。クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象車となっているため最大7万円の補助金が受けられるという。

トヨタ車体の網岡卓二社長は都内で会見し、「新型コムスは初代コムスの長所を生かしつつ、デザインを一新し、ボディ構造、サスペンション、駆動ユニットなど新規開発し、基本性能を大幅に高めた」と強調した。

新型コムスは家庭用100V電源に対応し、約6時間で充電できる(初代は8~10時間)。1充電当たりの走行距離は約50km(同35~45km)、最高時速は60km(同50km)。最小回転半径は3.2mで、狭い路地での走行や駐車の際に取り回しの良さを発揮できるとしている。

また、乗車定員は1人。道路運送車両法上は第1種原動機付自転車(四輪)となり、普通自動車免許が必要。法定速度は60km、最大積載量は30kg。原動機付自転車のような「二段階右折」やヘルメットの着用義務はない。

個人向けを主体にしたP・COMとビジネスユース向けのB・COMの2タイプを設定。B・COMには用途に応じて選べる荷室または荷台を用意している。年間販売目標は3000台。

網岡社長は「初代コムスを発売した2000年以来、いつの日か超小型車が注目される世の中が来ることを願っていたが、ようやくコムスを始めとする超小型車が社会に必要とされ、人々の生活に浸透する時代がきたと感じている」と述べた。 《小松哲也》