人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ヒュンダイ、WRCに復帰か…2013年

モータースポーツ/エンタメ 出版物

ヒュンダイ・i20
  • ヒュンダイ・i20
  • 独『auto motor und sport』
  • ヒュンダイ i20(欧州仕様)
世界の新車市場で勢いを増している韓国のヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)。同社が世界最高峰のラリー、WRC(世界ラリー選手権)に復帰する可能性が出てきた。

これは、ドイツの自動車メディア、『auto motor und sport』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「ヒュンダイが2013年シーズンからのWRC参戦に向けて、準備を進めている」と伝えたのだ。

ヒュンダイは2000年、WRCにエントリー。しかし、成績は振るわず、高コストを理由に、2003年シーズンをもってWRCから撤退している。

同メディアの報道が事実とすれば、ヒュンダイは10年ぶりのWRC復帰。参戦マシンに関して、同メディアは「フォルクスワーゲン『ポロ』と競合するコンパクトカー、『i20』がベース」とレポートしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 父親のブガッティ ヴェイロン、13歳少年が全開走行…325km/h出す[動画]

    父親のブガッティ ヴェイロン、13歳少年が全開走行…325km/h出す[動画]

  2. 【鈴鹿8耐】決勝前は走りも見られる! 史上最速のNinja H2Rたちを披露

    【鈴鹿8耐】決勝前は走りも見られる! 史上最速のNinja H2Rたちを披露

  3. 【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロがポールポジション獲得…2年連続の2分06秒台

    【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロがポールポジション獲得…2年連続の2分06秒台

  4. 【鈴鹿8耐】4耐決勝は波乱の展開に…優勝はAstra Honda Racing Team

  5. 【鈴鹿8耐】連覇に手応えあり…YAMAHA FACTORY RACING TEAM 吉川和多留監督

  6. 【サーキット美人2016】サーキットレディ編『2016 岡山国際サーキットクイーン』

  7. 【鈴鹿8耐】ヤマハ・ファクトリーが唯一の2分06秒台で予選トップタイムを記録

  8. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『R'Qs triplets』

  9. スーパーカー4台がトーナメントで激突! 勝負の行方は…[動画]

  10. トヨタ スープラ 後継車…2.5ハイブリッドターボで400psレベルか

アクセスランキングをもっと見る