人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

「ダットサン」ブランドを復活---2014年からインド、インドネシア、ロシアで

自動車 ビジネス 企業動向

新ダットサンロゴ
  • 新ダットサンロゴ
  • ダットサン12型フェートン(1933年)
  • ダットサン17型セダン(1938年)
日産自動車は20日、インドネシアで行われた記者会見で、「ダットサン」ブランドを復活させることを発表した。ダットサンは、日産、インフィニティに続く日産の第三のグローバルブランドとなる。

ダットサンは、「高い成長を続ける市場で、将来の成功を夢見るお客さまに、クルマのある豊かな生活を提供」(日産関係者)する。ダットサンブランドのモデルは、2014年からインド、インドネシアおよびロシアを皮切りに販売を開始する予定だ。

ダットサンは日産自身によると、80年にわたる日本のクルマづくりに対する技術とこだわりを象徴しており、日産のDNAを体現する重要なブランドだ。

日産自動車の前身のひとつであるダット自動車製造は1931年、495ccの小型乗用車生産1号車を完成し、『ダットソン』と名付け、翌昭31年に『ダットサン』と車名を変えた。34年に会社名が日産自動車になってからも車名、ブランド名として世界で長年使われ続けた。日本市場では、97年に『ダットサントラック』の生産終了にともない、歴史を閉じている。

日産自動車は20日、インドネシアにおける生産拠点強化と販売力向上を発表した。生産能力を2014年までに25万台へ引き上げる、販売店舗を15年までに150店に増やす。総投資額は330億円となる見込みだ。日産のカルロス・ゴーン社長は19日、インドネシアのスシロ・バンバン・ユドヨノ大統領と会い、日産がインドネシアのモータリゼーションに貢献していくことをコミットするとの意志を改めて表明した。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

    三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

    いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  4. 日本精工、米国集団訴訟で和解---軸受製品の価格カルテルについて

  5. 宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

  6. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  7. 自動車タイヤ販売、軽自動車向け不振で2か月連続のマイナス 6月

  8. 2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

  9. 新名神 四日市JCT~東海環状 東員IC間…港湾物流の効率化に期待 8月11日開通

  10. 軽自動車の世帯当たり普及台数…100世帯に54.3台 2015年末現在

アクセスランキングをもっと見る