ルノー、アルピーヌ A110 を復刻か

自動車 ニューモデル 新型車

1960年代のラリーで活躍したアルピーヌA110
  • 1960年代のラリーで活躍したアルピーヌA110
  • アルピーヌA110の復刻モデル登場の可能性を伝えた英『AUTOCAR』
2012年秋、フランスで開催されるパリモーターショー12。同ショーにルノーが、名車アルピーヌ『A110』の復刻モデルを出品する可能性が出てきた。

これは26日、英国の自動車メディア、『AUTOCAR』が報じたもの。同メディアの取材に応じたルノーのチーフデザイナー、ローレンス・バン・デン・アッカー氏は、「パリモーターショーで、アルピーヌA110の誕生50周年を祝う“何か”を発表するつもりだ」と明かしたという。

この“何か”について、ローレンス・バン・デン・アッカー氏の口から詳細は語られていない。しかし、同メディアは、ルノー関係者へのさらなる取材を行った結果、「アルピーヌA110の復刻モデルの可能性が高い」とレポートしている。

アルピーヌ社は1956年、フランスに設立。当初はルノー車を改造してモータースポーツに参戦していた。1960年代には、アルピーヌA110がラリーで大活躍し、アルピーヌの名は一躍有名に。1973年にはルノーの傘下に入り、現在は「ルノースポール」各車を生産している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

    ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  2. BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

    BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

  3. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

  4. 【ホンダ アコード ハイブリッド】排熱回収ヒーティングシステム初採用「実用燃費を改善」

  5. 【ニュル24時間 2016】トヨタ C-HR、レーシングカーが完成

  6. ルノー、グラン セニック 新型を発表…240mm長く

  7. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  8. 【ホンダ アコードハイブリッド】内外装刷新、モーターやバッテリーも新設計

  9. なぜカストロールエッジはアウディ R8 新型に純正採用されたのか?

  10. 【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「大幅に静粛性を向上」

アクセスランキングをもっと見る