人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

デンソーが初めてHEMSを開発、EVやPHVと連携する機能も

エコカー EV

デンソーは、トヨタホーム、ミサワホームと共同で、ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)を開発した。

デンソーがHEMSを開発するのは今回が初めてで、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)と関連したオプション機能があるのが特長。2012年2月以降をに市場に展開する計画。

新開発のHEMSは制御機構と大きさ7インチのタッチパネル式モニターで構成する。ユーザーはモニターを通じてリアルタイムで電力使用量を把握でき、消し忘れや使いすぎに気づくことができるほか、過去を含む電気使用量を電気料金やCO2排出量に換算でき、省エネ意識を高めることに役立つ。

電力負荷が集中した際のブレーカ遮断の防止や、外部の情報センターとネットワーク接続することで、スマートフォンを使ってエアコンのオン・オフ操作や、電子錠の施錠確認、お風呂のお湯張りなどを遠隔操作できる。

また、充電器と連携することでPHV、EVの充電のタイマー設定ができたり、別途カーメーカーと契約を結び、情報センターと連携することで、乗車前に自動車の空調を作動させるプレ空調をHEMSのモニターやスマートフォンから行うことが可能となる。

家庭用蓄電池は、デンソー、トヨタホーム、ミサワホームに加え、新神戸電機の4社で共同開発した。蓄電池の容量は8.4kWhで、この蓄電池をHEMSと連携させることで、昼間などピーク時の電力負荷の集中を抑制できるほか、停電時に特定の部屋の照明器具など、最低限の電気機器を一定時間使用することができる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. ダイムラー と中国 BYD のEV、デンツァに新型…400km走行可能

    ダイムラー と中国 BYD のEV、デンツァに新型…400km走行可能

  2. テスラの新型EV、モデル3 …設計が完了

    テスラの新型EV、モデル3 …設計が完了

  3. 意外と知らない? 国産高級車 レクサス の実燃費

    意外と知らない? 国産高級車 レクサス の実燃費

  4. テスラの新型コンパクトSUV、車名は「モデルY」に

  5. 日産のスポーツEV、「ブレード グライダー」…最新版は市販を意識か

  6. 日産 新型セレナ搭載の「マイクロハイブリッド」とは?

  7. トヨタの欧州ハイブリッド車販売、44%増の14万台超え 上半期

  8. GSユアサ、新型 プリウス にEN規格鉛蓄電池を補機用として供給

  9. テスラの新型EV モデル3、予約受注ほぼ40万台…発表3週間で

  10. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

アクセスランキングをもっと見る