ヒュンダイの小型セダン、「燃費データは誤り」…米消費者団体

自動車 ビジネス 海外マーケット

ヒュンダイが米国市場で販売している小型セダン、エラントラ
  • ヒュンダイが米国市場で販売している小型セダン、エラントラ
  • ヒュンダイが米国市場で販売している小型セダン、エラントラ
  • ヒュンダイが米国市場で販売している小型セダン、エラントラ
韓国ヒュンダイモーターが米国市場に投入し、競合する日本車のシェアを侵食する人気を得ている小型セダン、『エラントラ』。同車のカタログ燃費が実際の燃費とかけ離れているとして、米国の消費者団体が米国EPA(環境保護局)に、同車の燃費を再計測するよう求めている。

これは1日、消費者団体のコンシューマー・ウォッチドッグが明らかにしたもの。エラントラのEPA認定燃費は、市街地が29MPG(約12.33km/リットル)、高速が40MPG(約17km/リットル)、平均(複合モード)が33MPG(約14km/リットル)だ。

ところが、同団体が消費者の苦情を受けてエラントラの燃費を計測したところ、平均25MPG(約10.63km/リットル)前後にとどまった。同団体は「エラントラの実燃費は、カタログ燃費との乖離が大きい」として、EPAに対して、エラントラの燃費再計測を求めて訴え出たというわけだ。

ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは、「40MPG」(EPAの高速燃費)をキャッチフレーズに、エラントラなどの燃費の良さをアピールしてきた。エラントラの2011年1〜11月米国累計セールスは、前年同期比45.5%増の17万3336台と伸びているだけに、EPAの対応が注目される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

    【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

  2. クルマとビールが楽しめる“ザテラス”…メルセデスとヱビスがコラボ

    クルマとビールが楽しめる“ザテラス”…メルセデスとヱビスがコラボ

  3. 6月の新車総販売台数は4.9%減と2か月連続でマイナス

    6月の新車総販売台数は4.9%減と2か月連続でマイナス

  4. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  5. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  6. 「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

  7. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

  8. 一部ホンダ車、タカタ製エアバッグ異常破裂の危険を警告…米当局

  9. 三菱自、「改革室」を設置…燃費不正再発防止、山下副社長直属

  10. 軽自動車販売、東日本大震災以来5年ぶりの100万台割れ…2016年上半期

アクセスランキングをもっと見る