人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ヒュンダイの小型セダン、「燃費データは誤り」…米消費者団体

自動車 ビジネス 海外マーケット

ヒュンダイが米国市場で販売している小型セダン、エラントラ
  • ヒュンダイが米国市場で販売している小型セダン、エラントラ
  • ヒュンダイが米国市場で販売している小型セダン、エラントラ
  • ヒュンダイが米国市場で販売している小型セダン、エラントラ
韓国ヒュンダイモーターが米国市場に投入し、競合する日本車のシェアを侵食する人気を得ている小型セダン、『エラントラ』。同車のカタログ燃費が実際の燃費とかけ離れているとして、米国の消費者団体が米国EPA(環境保護局)に、同車の燃費を再計測するよう求めている。

これは1日、消費者団体のコンシューマー・ウォッチドッグが明らかにしたもの。エラントラのEPA認定燃費は、市街地が29MPG(約12.33km/リットル)、高速が40MPG(約17km/リットル)、平均(複合モード)が33MPG(約14km/リットル)だ。

ところが、同団体が消費者の苦情を受けてエラントラの燃費を計測したところ、平均25MPG(約10.63km/リットル)前後にとどまった。同団体は「エラントラの実燃費は、カタログ燃費との乖離が大きい」として、EPAに対して、エラントラの燃費再計測を求めて訴え出たというわけだ。

ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは、「40MPG」(EPAの高速燃費)をキャッチフレーズに、エラントラなどの燃費の良さをアピールしてきた。エラントラの2011年1〜11月米国累計セールスは、前年同期比45.5%増の17万3336台と伸びているだけに、EPAの対応が注目される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  2. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

    【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  3. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  4. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  5. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  6. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  7. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  8. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

  9. アルパインと日本IBM、自動運転時代を見据えた次世代車載システムを共同開発へ

  10. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

アクセスランキングをもっと見る