スズキ アルトエコ 発売…燃費30.2km/リットルでガソリン車トップ

自動車 ニューモデル 新型車

スズキは11月24日、ガソリン車トップの燃費、JC08モード30.2km/リットルを実現した『アルトエコ』を、12月13日より発売すると発表した。軽乗用車『アルト』をベースにした新機種で、アルトの標準車に対して30%以上の燃費向上を実現した。

今回、アルトエコにはスズキの低燃費化技術を採用、アルトの機能や装備、使い勝手はそのままに、ガソリン車トップとなるJC08モード30.2km/リットル(10・15モード燃費32km/リットル)を達成。

エンジンおよび副変速機構付CVTの各パーツの見直しにより、フリクション(摩擦抵抗)低減を施し、パワートレイン全体で燃費性能を向上させた。

また、停車時に加え、停車直前の減速時からエンジンを停止する新アイドリングストップシステムを採用。車高は15mm下げ、形状を変更したフロントバンパーの採用により空気抵抗を低減させるとともに、あらゆる部品を見直して車体の軽量化と走行抵抗の低減を進めたとしている。

これまでガソリン車の燃費トップは、ダイハツの『ミライース』のJC08モード燃費30km/リットルとなっていたが、スズキのアルトエコではこの燃費を超えた。トヨタ自動車がJC08モード35.4km/リットルを達成するハイブリッドのコンパクトカー『アクア』を投入してくるなど、コンパクトモデルの領域で燃費競争が加速している。

価格
●アルトエコ L:89万5000円
●アルトエコ S:99万5000円
《》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品