【東京モーターショー11】日産 タウンポッド…Tシャツのように

自動車 ニューモデル モーターショー

日産自動車が第42回東京モーターショーに出品する『Townpod(タウンポッド)』は、乗用車と商用車をミックスさせた新しいカテゴリーのクルマとして開発されたモデルである。

デザインのキーワードは“Generic Beauty”。「既成概念にとらわれないユーザー、自分のオンとオフ、それぞれの生活においてフレキシブルに使えるようなクルマを意識してデザインしました」というのは商品企画本部先行商品企画室アシスタントマネージャーの潮崎達也さん。「素材とデザインに優れた、でも、シンプルなTシャツのような存在を目指してデザインしています」。

そして、デザインコンセプトは“Coupe+Van”とし、「プロフェッショナルな使い方をするファンクショナルなバンとしてのクルマ、そして、プライベートで使うスタイリッシュなクーペを融合させたデザインとして考えています」と述べた。
《内田俊一》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品