人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

三菱 ランエボ 次期型、「HVで3年以内に発売」…益子社長

エコカー ハイブリッド

三菱自動車が、現在開発中の次期『ランサーエボリューション』。同車に関して、興味深い情報をキャッチした。

これは22日、英国の自動車メディア、『AUTOCAR』が報じたもの。同メディアの取材に応じた三菱自動車の益子修社長は、次期ランサーエボリューションにはハイブリッドを採用し、3年以内に発売すると明言したという。

2011年3月、益子社長は次期ランサーエボリューションについて、「従来のコンセプトのまま進化させるつもりはない。異なる方向へ進化させる。この新しい方向性とは、技術革新を伴うものだ」と発言。次期型が、初代から続くガソリンターボというパワートレインから決別する可能性が高いとして、注目されていた。

今回の益子社長の発言は、次期エボリューションのハイブリッド化決定を告げるもの。同メディアは、「ディーゼルハイブリッドとなる可能性があり、0-100km/h加速5秒以下のパフォーマンスと、CO2排出量200g/km以下の環境性能を両立させる」とレポートしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 三菱自、燃費確認試験で RVR など8車種が諸元値に達せず…スズキは全車クリア

    三菱自、燃費確認試験で RVR など8車種が諸元値に達せず…スズキは全車クリア

  2. 三菱自の賠賠償金支払い、現行販売7車種、電気自動車でも

    三菱自の賠賠償金支払い、現行販売7車種、電気自動車でも

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

  5. 豊田自動織機、HV専用DC-DCコンバーターの生産が累計400万台

  6. ガソリンエンジンの自己着火、課題と実現への目算…次世代SKYACTIV開発者に聞く

  7. ダイムラー と中国 BYD のEV、デンツァに新型…400km走行可能

  8. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  9. リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップは三洋電機

  10. 日産 ブレード グライダー、EVパワートレインは英ウィリアムズ製

アクセスランキングをもっと見る