人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

デロリアン DMC-12、EVで復活…2013年までに市販

エコカー EV

米国のデロリアンモーターカンパニー(DMC社)は14日、『DMC-12』のEVバージョンを2013年までに市販すると発表した。

同社の名を知らしめたのが、1981年にデビューしたDMC-12。1975年、当時GMの副社長だったジョン・デロリアン氏が、理想の車を作る目的で設立したDMC社の市販第1号車だ。

ジウジアーロのデザインによるボディは、大胆なガルウイングドアが特徴で、エンジニアリングは英国ロータスカーズが担当。リアに置かれるエンジンは2849ccのV型6気筒ガソリンで、最大出力130psを発生した。

発売当時、センセーショナルな話題を巻き起こしたDMC-12。しかし翌1982年、販売が失速し、DMC社は倒産。DMC-12は、8583台で生産を終了した。

1985年に公開された映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に、DMC-12が起用されたのは、あまりにも有名。2005年3月、ジョン・デロリアン氏は心臓発作により、80歳で死去している。

これまでにもDMC-12復活の噂は絶えなかったが、今回、同社はEVとしてのDMC-12復活を宣言。その詳細は明かされていないが、EPICエレクトロニックビークル社と共同開発したEVパワートレインを採用するという。

同社は、新生DMC-12の画像を3点公開。新デザインのステアリングホイールや、エンジンの代わりに搭載されるモーターとバッテリーが確認できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

    三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

  2. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  3. 【三菱ふそう スーパーグレート 改良新型】尿素水の補給頻度

    【三菱ふそう スーパーグレート 改良新型】尿素水の補給頻度

  4. フォード、電動化車両の開発に追加投資…フォーカス EV 次期型など

  5. リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップは三洋電機

  6. 【実燃費ランキング】激戦の夏! ミライース、アクア に肉薄…8月

  7. テスラの新型EV モデル3、予約受注ほぼ40万台…発表3週間で

  8. イトーヨーカドーや西武など45店舗にEV・PHV用充電器3380台を設置…国内最大規模

  9. レクサス、HV累計100万台目の納車式…「節目に立ち会えて光栄」

  10. 【e燃費 500kmチャレンジ 前編】最新エコオイルは燃費向上にどれだけ寄与するか

アクセスランキングをもっと見る