人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

雪国型メガソーラー、発電量100万kWhを達成 計画前倒し

自動車 ビジネス 国内マーケット

雪国型メガソーラー
  • 雪国型メガソーラー
昭和シェル石油と新潟県は、新潟県の補助事業と新エネルギー導入促進協議会の「地域新エネルギー等導入促進事業」を活用した『雪国型メガソーラー』(大規模太陽光発電所)で、年間発電量目標値の100万kWhを約40日前倒しとなる7月25日に達成した。

新潟県と昭和シェル石油が共同で取り組む雪国型メガソーラーは、日本初の商業発電施設として2010年8月31日から運営を開始した。施設では一般住宅約300軒分に相当する出力1000kWを発電する能力を持つ。発電した電力は、東北電力を通じて近隣地域へ供給している。

雪国型メガソーラーは稼働1年間で100万kWhを発電する計画だったが、計画を上回る発電量があった。降雪や、冬季に曇り空の多い新潟でも、高い発電性能が確認されたとしている。

同施設は、新潟県が提唱する次世代エネルギーパークの一施設として、地域の子供、企業などがエネルギーについて学べる見学施設や教室を併設しており、見学者数は運転開始以来延べ2000人を超えている。

施設では、昭和シェル石油の子会社であるソーラーフロンティアが生産するCIS太陽電池を使用。このCIS薄膜太陽電池は、他の量産レベルの薄膜系太陽電池に比べて高い変換効率を持つ。さらに実際の使用条件下で高い発電量が見込まれる。これは、設置後の発電量が規格に比べ上昇するという光照射効果や、温度による影響を受けにくいため、シリコン系太陽電池に比べて幅広い気候条件で高い発電能力を発揮できることによるもの、としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  2. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  3. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  4. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  5. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  6. 米マツダ、Bシリーズ をリコール…タカタ製エアバッグに不具合

  7. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  8. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  9. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  10. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

アクセスランキングをもっと見る