トヨタ iQ のコピー車が登場…中国のソーラーパワーEV

エコカー EV

中国維坊グアンシェン・ニューエナジー社が発売したEV、GS-dj01
  • 中国維坊グアンシェン・ニューエナジー社が発売したEV、GS-dj01
  • 中国維坊グアンシェン・ニューエナジー社が発売したEV、GS-dj01
日本車や欧州車のコピー車があふれる中国。今度は、トヨタ『iQ』のコピー車が登場した。しかも、ソーラーパワーのEVだ。

このiQ似のモデルをリリースしたのは、中国山東省の維坊に本拠を置く維坊グアンシェン・ニューエナジー社。1996年に設立された新興企業で、太陽電池関連の商品を手がけている。

このモデルは、『GS-dj01』と命名。3ドアハッチバックの車体デザインは、iQに酷似している印象だ。ボディサイズは全長3180×全幅1680×全高1480mm。iQ(全長2985×全幅1680×全高1500mm)と、ほぼ一致する。

本家のトヨタ自動車よりも先に、パワートレインのEV化を実現しているのは、興味深いところ。モーターは最大出力5psに過ぎないが、車両重量はわずか350kg。ルーフパネルには太陽電池を装備しており、この電力を駆動にも回すことで、1回の充電で最大150kmを走行できる。最高速は48km/hだ。

同社は中国だけでなく、米国や欧州への輸出も計画。たくましい商魂を見せている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

    日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

  2. 【グッドウッド16】テスラ モデルX、英国初公開へ…高性能仕様を展示

    【グッドウッド16】テスラ モデルX、英国初公開へ…高性能仕様を展示

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. 【トヨタ プリウスPHV】本当にお得なのか?…津々見友彦

  5. 【リコール】マツダ タイタン のかじ取り装置に不具合

  6. ガソリンエンジンの自己着火、課題と実現への目算…次世代SKYACTIV開発者に聞く

  7. 東芝、ワイヤレス充電採用の中型EVバスで高速道路の実証走行を開始

  8. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  9. 【EVEX & CSF 10】豊通エレのEVは社員一人の作品

  10. テスラの新型EV、モデル3 …最終設計は未完了

アクセスランキングをもっと見る