ホンダバッジのメルセデスポリスカー?!…中国公安警察

自動車 ビジネス 海外マーケット

日本車や欧州車のコピー車が氾濫している中国。今度は中国公安警察に、ホンダのエンブレムを付けたメルセデスベンツが配備されたという。その事情を探ってみると…。

これは中国メディア、『南方都市報』が7日に報じたもの。同メディアが広西チワン族自治区の防城港市の公安警察において、いっぷう変わったメルセデスベンツ車を撮影し、紙面で取り上げたのだ。

このメルセデスベンツは、SUVの『Mクラス』。同公安警察に配備されたばかりの新車だ。しかし、写真をよく見ると、グリルのスリー・ポインテッド・スターが、ホンダのエンブレムに交換されている。

同メディアによると、これは公安警察が税金の無駄遣いをごまかす目的で、施したもの。日本円で1000万円以上するMクラスを、現地では250万円程度のホンダ『CR-V』に見せかけるための、いわば偽装工作なのだという。

この公安の作戦、同メディアが「史上最低の公安警察」の見出しとともに大々的に取り上げたことにより、市民に知れ渡ることになり、非難の的となったのは想像に難くない。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

    米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

  2. 三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

    三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

  3. スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

    スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

  4. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】マツダ、G-ベクタリング コントロールなど最新技術を紹介

  6. ブリヂストン米子会社、ベネズエラ事業を売却

  7. BMWの中国新車販売、7.4%減の3.5万台…4月

  8. フォード F-150 先代、北米でリコール…突然1速にシフトダウン

  9. バスタ新宿オープンから1カ月、約58万人が利用

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】NTN、電動モータ・アキュエータシリーズを開発

アクセスランキングをもっと見る