人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

マツダ ロードスター 次期型、史上最軽量ボディで登場か

自動車 ニューモデル 新型車

マツダロードスター次期型は800kg程度の超軽量モデルになる、と『INSIDELINE』が報じた(写真は現行型・20周年モデル)
  • マツダロードスター次期型は800kg程度の超軽量モデルになる、と『INSIDELINE』が報じた(写真は現行型・20周年モデル)
  • マツダロードスター2代目
  • マツダロードスター初代
マツダの、そして日本を代表する小型オープンスポーツ『ロードスター』。その次期モデルに関して、興味深い情報がもたらされた。

これは8日、米国の自動車メディア、『INSIDELINE』が報じたもの。同メディアがマツダ関係者から得た情報によると、次期ロードスターの車両重量は1tを大きく下回り、800kg程度を目標に開発が進められているという。

現行ロードスターの車重は、1125kg(米国仕様)。仮に次期型の重量が800kg程度に抑えられるとすれば、現行比で325kgもの大幅なダイエットを実現することになる。初代ロードスターの990kgさえ下回る、史上最軽量モデルだ。

しかし、現在の衝突安全基準を満たした上での軽量化には、困難が伴う。同メディアによれば、マツダは次期ロードスターに高張力スチールを積極採用するとともに、ボディサイズを現行よりも小型化し、ターボで過給した排気量1.4リットル程度の軽量コンパクトエンジンを搭載。さらにグローブボックスの廃止、オーナーズマニュアルの電子化など、徹底した軽量化対策に取り組むという。

果たして、次期ロードスターは、史上最軽量ボディを手に入れるのか。同メディアは「800kgは難しいにしても、初代に近い900kg程度で登場するのではないか」と伝えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  3. ブガッティの ビジョンGT、ガス欠…ゲームではない[動画]

    ブガッティの ビジョンGT、ガス欠…ゲームではない[動画]

  4. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  5. 【スカニア 新型発表】サステイナブルな未来へ進化する大型トラック

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  7. トヨタ、新型 プリウスPHV の国内発売を今冬へ延期

  8. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…独自のデザイン哲学を表現

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

アクセスランキングをもっと見る