人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ホンダ伊東社長「燃料電池車は強力な発電装置になる」

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ伊東社長
  • ホンダ伊東社長
  • ホンダ伊東社長(左)と清水さいたま市長
  • ホンダ伊東社長(左)と清水さいたま市長
ホンダの伊東孝紳社長は23日、今後の環境車両開発に当たっては、電気自動車(EV)など電動車両から家庭に電力を供給するビークル・トゥ・ホーム(V2H)の考え方を取り入れていきたいと表明した。

同日、さいたま市と進める「スマートホーム」などの実証実験の発表記者会見で語った。スマートホームの実験では、同社の太陽光発電システムなどエネルギー関連機器とEVやプラグインハイブリッド車(PHV)といった電動車両を組み合わせ、電力を家庭単位で最適にマネジメントしていく。

この実験では、規制がクリアできれば段階的にV2Hにも踏み込む方針。伊東社長は「これからの社会は電力の安定供給が重要なテーマになる」としたうえで、電動車両が家庭レベルでの電力を安定させる「手段となり得る」と述べた。

伊東社長はEVだけでなく、水素を燃料とする燃料電池車(FCV)について「非常時にはEVよりも、もっと強力な発電装置になる」と指摘し、一連の電動車両の開発では「電源」としての役割を強く意識していく方針を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

    米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  2. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

    自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  3. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

    日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  4. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  5. 震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

  6. 三菱自の燃費不正対象車両、検索システムで一部リスト漏れ

  7. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  8. アウディジャパン、Q3 3車種の価格を10万円引き下げ

  9. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

  10. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

アクセスランキングをもっと見る