チャーティス、震災の損害調査で iPad2 を米国から調達

自動車 ビジネス 企業動向

アメリカン・インターナショナル・グループの損害保険会社チャーティスグループは、東日本大震災の保険金支払いための調査業務を迅速化するために、『iPad2』などのモバイル端末を活用すると発表した。

ビデオ通話ができる機能を重視したもので、チャーティスの米国拠点を通じてiPad2の米国版を緊急調達。『iPhone』と合わせて計100台のモバイル端末を、まずAIU保険で11日から使用を開始する。

チャーティスはモバイル端末の導入で損害調査作業の短縮を図るとともに。AIU以外の日本国内にあるグループ損保会社にも順次展開していくとしている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  2. ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

    ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

  3. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  4. 米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】東芝、次世代コックピットソリューションなどを出展

  6. ドラ割「北海道ETC夏トクふりーぱす」販売開始…高速3日間乗り放題で7900円

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】シェフラージャパン、電動化によるバルブタイミング制御技術などを紹介

  8. 三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

  9. ボルボカーズ傘下のポールスター、新CEOを指名

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】いすゞ、燃費性能を高めた大型トラック用エンジンなどを展示

アクセスランキングをもっと見る