太陽光発電を利用したEV急速充電設備、日新電機が開発

エコカー EV

太陽光発電を活用したEV急速充電設備「ECO急速充電ステーション」
  • 太陽光発電を活用したEV急速充電設備「ECO急速充電ステーション」
  • 太陽光発電を活用したEV急速充電設備「ECO急速充電ステーション」
日新電機は、太陽光エネルギーを利用した電気自動車(EV)用急速充電設備「ECO急速充電ステーション」を開発した。

自然エネルギーを活用してEVを充電すれば、完全ゼロエミッションが実現する。

製品は、太陽光を利用した電力を蓄電池に貯蔵するため、最小限の電力を供給することで急速充電を実現する。高圧機器の導入や契約電力の変更、大掛かりな受電工事を行う必要が無いのが特長だ。

蓄電池には太陽光発電から供給する電力が不足した場合に備えて商用電力からも充電可能。太陽光発電容量は1.2kW~5kWまで幅広く対応し、蓄電池の容量も増減可能。太陽光発電システム、蓄電システム、急速充電器を一体化したカーポートタイプ品をラインアップする。

EVに車載されているバッテリーの8割を約30分で充電できる急速充電器に加え、200V普通充電コンセントも標準装備する。急速充電器メンテナンス、蓄電池充電容量低下時のバックアップ用の電源としても利用できる。

さらに、充電インフラ設備位置情報や課金などの各種情報システムとの通信機能もオプションで追加できる。

新製品は、鹿児島県が「屋久島CO2フリーの島づくり」を推進する取組の一環として、屋久島の地域特性に沿ったEVの充電インフラ整備を検討する実証実験に使用される。

6月から市販する予定で、今後、充電インフラ整備を推進している自治体に向けて製品を積極的に提案していく。2011年度は2億5000万円の売上を計画している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

    日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

  2. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  3. 【グッドウッド16】テスラ モデルX、英国初公開へ…高性能仕様を展示

    【グッドウッド16】テスラ モデルX、英国初公開へ…高性能仕様を展示

  4. トヨタのEVレーサー、544psにパワーアップ…目指すはパイクスピーク連覇

  5. テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

  6. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

  7. テスラの新型EV、モデル3 …最終設計は未完了

  8. アウディ、航続距離500kmの電気自動車を2018年に投入…新型SUVに

  9. 【釜山モーターショー14】シボレー スパーク EV、2015年型へ…電費性能7%向上

  10. どうなるEVの充電方式…EUにおける「コンボ」対「チャデモ」の戦い

アクセスランキングをもっと見る