【ジュネーブモーターショー11】MINI ロケットマン…コンパクト提案

自動車 ニューモデル モーターショー

BMWグループのMINIは23日、3月1日に開幕するジュネーブモーターショーに、『ロケットマンコンセプト』を出品すると発表した。

ロケットマンコンセプトは、現行MINIのハッチバックよりも、ひと回りボディサイズがコンパクト。全長3419×全幅1907×全高1398mmだ。

ショーカーなので全幅はワイドだが、全長はMINIハッチバックよりも320mmも短い。1959年に誕生したクラシック『Mini』の全長3050mmを意識したサイズといえる。

ロケットマンコンセプトのデザインは、ひと目でMINIと分かるもの。その上で、ダブルヒンジ式で大きく開くサイドドアや、カーゴキャリアを内蔵した上下2分割テールゲートなど、ユニークなアイデアが盛り込まれた。ガラスルーフにはイギリス国旗、ユニオンジャックが描かれているのが目を引く。

室内はトヨタ『iQ』のように、大人3名と子ども1名の合計4名乗車を可能にする「3+1シーター」レイアウト。インパネ中央には、MINIの特徴の大型センターメーターが配置されており、3D表示を可能にしている。

パワートレインに関しては明らかにされていない。MINIによると、カーボンスペースフレーム構造による軽量化の効果もあり、欧州複合モードで33km/リットル台の燃費を可能にするという。

このロケットマンコンセプト、現時点ではデザインスタディ的モデル。しかし、MINIシリーズの下に位置する入門車として、市販される可能性はありそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ポルシェジャパン、新型パナメーラ の予約受注を7月28日に開始…1591万円から

    ポルシェジャパン、新型パナメーラ の予約受注を7月28日に開始…1591万円から

  2. メルセデス AMG E63 S、これが612馬力の心臓だ!

    メルセデス AMG E63 S、これが612馬力の心臓だ!

  3. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

    日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  4. 【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

  5. ルノー メガーヌCC 次世代型、市販モデルはこうなる

  6. 生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

  7. ポルシェ パナメーラ 新型、初公開…4.0ツインターボは550馬力

  8. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  9. シトロエン C3 新型の画像リーク、「エアバンプ」が見えた…正式発表せまる

  10. 【グッドウッド16】ロールス ゴースト に603馬力の「ブラック」…ヒルクライムに

アクセスランキングをもっと見る