ガーミンがパイオニア保有特許の侵害 ドイツ裁判所 | レスポンス(Response.jp)

ガーミンがパイオニア保有特許の侵害 ドイツ裁判所

自動車 ビジネス 企業動向

 パイオニアは24日、ガーミンインターナショナル社(Garmin International, Inc.)およびその関連会社を提訴していた件について、パイオニア保有の特許が侵害された事実を認めた判決が下ったと発表した。

 この判決は、ドイツ現地時間12月23日にドイツ・デュッセルドルフ地方裁判所にて下されたもの。パイオニアは、ガーミン社が生産、販売するナビゲーション製品が、パイオニアの特許を侵害しているとして、ガーミン社のドイツ国内での侵害行為の差し止めおよび損害賠償金の支払い等を求めていた。

 判事はパイオニアの主張を認め、ガーミン社のナビゲーション製品が、パイオニアの保有する欧州特許第508681号および欧州特許第775892を侵害している旨の判決を下したとのこと。

ドイツ地方裁判所がGarmin社によるパイオニア保有特許の侵害を認める

《冨岡晶@RBBTODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品