ホンダ CR-Z にガソリンターボ計画…タイプRも

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダのハイブリッドスポーツ、『CR-Z』。同車にハイブリッドではない、ガソリンターボエンジンを搭載する計画があるという。

これは6日、英国の自動車メディア、『AutoCar』が報じたもの。同メディアによると、ホンダはCR-Zの新バージョンとして、ガソリンエンジン仕様の追加を検討しているとのことだ。

現行CR-Zは、1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用。「エコスポーツ」とも呼ぶべき新境地を開拓した。しかし、CR-Zの追加モデルは、さらに「スポーツ」に振ったキャラクターが与えられる。

同メディアによると、CR-Zのガソリン仕様には、新開発の1.6リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載。最大出力は160psを発生し、高性能版の「タイプR」では、200psを絞り出すという。

この新グレード、「登場は2011年」と同メディアはレポート。1980-90年代にかけて一世を風靡した、『CR-X』の再来といえそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

    ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  2. 【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

    【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

  3. フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

    フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

  4. 日本発売も? ルノー メガーヌ 新型に初のセダン投入

  5. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  6. 【IIHS衝突安全】メルセデス GLE、トップセーフティピック+に指定

  7. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

  8. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  9. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  10. 【シボレー キャプティバ】多目的に使え、空間効率が高いのが優位

アクセスランキングをもっと見る