グーグル、自動走行技術を開発…公道試験中 | レスポンス(Response.jp)

グーグル、自動走行技術を開発…公道試験中

自動車 テクノロジー ネット

 米グーグル(Google)は、車が自動走行する技術を開発中であることを明らかにした。

 同社ではすでに、マウンテンビューからサンタモニカのオフィス、ハリウッド、ゴールデンゲートブリッジなどを走行実験しており、その距離は14万マイルになるという。現在は、トレーニングを積んだ技術者が乗車する形で実施している。

 自動走行の車にはカメラやレーザーセンサーが搭載され交通状態を監視。また、詳細な地図を参照しながら走行する。これらはグーグルのデータセンターの情報によって可能になっている。なお、米紙NewYork Timesが電子版に公開した写真によると、実験車はプリウスを改造した形となっており、カメラは室内のバックミラー横に、前面バンパー部に3つ、後部に1つのレーダーを搭載するほか、天井にも200フィート先をスキャン可能なレーダーを搭載している。

 このプロジェクトのために、自動車の自走走行レース(DARPA後援)に参加したエンジニアに協力してもらっているという。同社では「WHOによると、毎年120万人以上が交通事故で死亡しているというが、我々の技術によってその数を半分に減らすことができる」と自信を見せている。

米グーグル、自動走行技術を開発中!

《RBB TODAY@RBBTODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品