米ベンチャー製スーパーカー、483km/h超で ヴェイロン 凌駕 | レスポンス(Response.jp)

米ベンチャー製スーパーカー、483km/h超で ヴェイロン 凌駕

自動車 ニューモデル 新型車

米国のトランスターレーシング社は新型スーパーカー、『ダガーGT』の概要を明らかにした。最大出力2000ps、最高速483km/hオーバーというスーパーカーは、2011年から少量生産される。

トランスターレーシング社は、米国在住のエンジニア、デザイナー、NASA(米航空宇宙局)のエアロダイナミクス研究者など、各方面のスペシャリストが集まり設立した新興企業。同社が開発したオリジナルスーパーカーが、ダガーGTだ。

ダガーGTのミッドシップには、ネルソンレーシングエンジン社製の「572マルチフューエル」を搭載。これは、GMのLS7型7.0リットルV8をベースに開発されたレース用ユニットだ。燃料はガソリン、メタノール、水素、エタノールに対応。2個のターボチャージャーが装着され、最大出力2000ps、最大トルク276kgmという途方もないスペックを叩き出す。

さらに驚くのは、そのパフォーマンス。軽量なカーボンファイバー製ボディによって、車両重量が1360kgに抑えられた結果、ダガーGTは0~96km/h加速1.5秒、最高速483km/hオーバーという世界最速の性能を達成する。

ダガーGTには、公道走行が可能なスポーツ仕様とラグジュアリー仕様、公道走行ができないサーキット仕様の3タイプを設定。2011年に5台、2012年に10台の合計15台を生産し、価格は45万ドル(約4000万円)からとなる。

ところで、ブガッティ『ヴェイロン』が4日、最高速431.072km/hをマークし、市販車のギネス世界最速記録に認定されたばかり。トランスターレーシング社は、「ダガーGTが、スーパーカーのすべての世界記録を塗り替える」と自信たっぷりのコメントだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品