アルファロメオ 159 後継は ジュリア に

自動車 ビジネス 企業動向

フィアットグループは21日、イタリア・ミラノにおいて中期経営計画を明らかにした。同グループのセルジオ・マルキオーネCEOは、「アルファロメオ『159』の後継車を『ジュリア』のネーミングで発売する」と発表した。

現行159は、2005年にリリース。アルファロメオの主力セダン&ステーションワゴンだ。2012年に登場する次期型は、車名をジュリアに一新する。

ジュリアは1962年、アルファロメオの小型セダンとしてデビュー。4ドアセダンは「ベルリーナ」と呼ばれ、コンパクトなボディに高性能DOHCエンジンを搭載。スポーツセダンの先駆け的存在として支持された。

1963年には、2ドアクーペ版の『ジュリア・スプリントGT』が登場。同年、レース仕様の『ジュリアTZ』、1965年には高性能版の『GTA』も追加されるなど、多くの派生車種を生み、1977年の生産終了まで、ジュリアシリーズは人気を集めることになる。

アルファロメオは次期159に、アルファのビッグネーム、ジュリアの名前を復活。『147』の後継車に『ジュリエッタ』のネーミングが与えられたように、アルファロメオは、ブランドの伝統を最大限生かした商品戦略に舵を切る。

2012年にデビューする新型ジュリアは、4ドアセダンと5ドアステーションワゴンの2ボディを用意。同年には『MiTo』のマイナーチェンジも予定されており、アルファファンにとっては、目が離せない1年となりそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  3. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  4. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  5. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  6. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート]

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】市光工業の標準LEDユニット、自動車技術会賞を受賞

  9. 【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

  10. 東洋ゴム、経営再建を託された駒口会長が一身上の都合で退任

アクセスランキングをもっと見る