【ホンダ CR-Z 発表】エコカー? それともスポーツカー?

自動車 ニューモデル 新型車

CR-Zと友部了夫主任研究員
  • CR-Zと友部了夫主任研究員
  • CRZ
  • CR-Z。アンビエントメーターのコーチング機能、燃料消費色変化表示(Normal&Econモード時)
スポーティなハンドリングや6速MT車の存在を大々的にアピールするなど、普通のハイブリッドカーとはちょっと違う、ホンダの『CR-Z』。しかし、開発責任者である本田技術研究所主任研究員の友部了夫(ともべのりお)さんは「単なるスポーツカーではない」という。

「クルマの開発はスポーツカーを作りたいというマインドの中でおこないました。だから、スポーツカーと呼んでいただいて構わないと思います」

「しかし、パワーだけを求めてハイパワーエンジンを積んで、大量にガソリンを消費する。そういった方向性とはまったく異なるスポーツカーです」

「インテリジェントでエコも意識した、新しい時代の新しい価値観のスポーツカーにしたかった。ハイブリッドなので、燃費に優れる。それでいて軽量でキビキビ走れる。そんな新しさをCR-Zに込めました」

CR-Zに採用されているメカニズムのひとつに、「3モードドライブシステム」がある。これはパワートレイン、EPS、エアコンを統合制御し、スイッチを切り替えることで走りの味を「SPORT」「NORMAL」「ECON」の3段階に切り替えるものだ。記者には、このスイッチの存在がCR-Zのキャラクターを端的にあらわしているものに思える。

普段は「ECON」にしてエコドライブを実践、時には「SPORT」にしてスポーツドライビングを堪能。スイッチを切り替えると同時にドライバーの気持ちを切り替え、エコとスポーツを1台で両立するのがホンダの考える新しいスポーツカー像なのだ。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

    日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  2. ルノー メガーヌCC 次世代型、市販モデルはこうなる

    ルノー メガーヌCC 次世代型、市販モデルはこうなる

  3. 【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

    【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

  4. ポルシェ パナメーラ 新型、初公開…4.0ツインターボは550馬力

  5. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  6. ジープ、生誕75周年記念モデルの第2弾を発売…ラングラーとグランドチェロキー

  7. シトロエン C3 新型の画像リーク、「エアバンプ」が見えた…正式発表せまる

  8. 【グッドウッド16】ロールス ゴースト に603馬力の「ブラック」…ヒルクライムに

  9. 生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

  10. メルセデス AMG E63 S、これが612馬力の心臓だ!

アクセスランキングをもっと見る