人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【ホンダ CR-Z 発表】エコカー? それともスポーツカー?

自動車 ニューモデル 新型車

スポーティなハンドリングや6速MT車の存在を大々的にアピールするなど、普通のハイブリッドカーとはちょっと違う、ホンダの『CR-Z』。しかし、開発責任者である本田技術研究所主任研究員の友部了夫(ともべのりお)さんは「単なるスポーツカーではない」という。

「クルマの開発はスポーツカーを作りたいというマインドの中でおこないました。だから、スポーツカーと呼んでいただいて構わないと思います」

「しかし、パワーだけを求めてハイパワーエンジンを積んで、大量にガソリンを消費する。そういった方向性とはまったく異なるスポーツカーです」

「インテリジェントでエコも意識した、新しい時代の新しい価値観のスポーツカーにしたかった。ハイブリッドなので、燃費に優れる。それでいて軽量でキビキビ走れる。そんな新しさをCR-Zに込めました」

CR-Zに採用されているメカニズムのひとつに、「3モードドライブシステム」がある。これはパワートレイン、EPS、エアコンを統合制御し、スイッチを切り替えることで走りの味を「SPORT」「NORMAL」「ECON」の3段階に切り替えるものだ。記者には、このスイッチの存在がCR-Zのキャラクターを端的にあらわしているものに思える。

普段は「ECON」にしてエコドライブを実践、時には「SPORT」にしてスポーツドライビングを堪能。スイッチを切り替えると同時にドライバーの気持ちを切り替え、エコとスポーツを1台で両立するのがホンダの考える新しいスポーツカー像なのだ。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

    歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

  2. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  3. 【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

    【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

  4. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  5. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  6. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  8. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  9. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  10. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

アクセスランキングをもっと見る