GMとスパイカーカーズ…サーブの所有権移転が完了

自動車 ビジネス 企業動向

GMとオランダのスーパーカーメーカー、スパイカーカーズ社は23日、GMからスパイカーカーズ社に対するサーブの所有権移転手続きが完了したと発表した。

両社は今年1月26日、サーブの買収に関して合意。スパイカーカーズ社はGMに、サーブ買収費用として7400万ドル(約67億円)を支払い、GMは新生サーブの優先株式、3億2600万ドル(約293億円)分を取得することが決められた。

スパイカーカーズ社は、サーブ買収の費用や当面の運転資金を、EIB(欧州投資銀行)から借り入れ。EIBはスウェーデン政府の信用保証を受けた上で、スパイカーカーズに総額4億ユーロ(約505億円)を融資する。スパイカーカーズ社は新会社、サーブスパイカーオートモビルズを設立し、新生サーブが発足する。

23日、GMからスパイカーカーズ社に対するサーブブランドの所有権移転手続きが完了。GMのジョン・スミス副社長は、「今日は、世界中のサーブユーザーとサーブファン、従業員、販売店、サプライヤーにとって、最高の1日」とコメント。スパイカーカーズ社のビクターR.ミューラーCEOは、「本日、サーブの存続が確定した。我々はサーブブランドの本格的な再生に取り組む」と決意を新たにしている。

サーブスパイカーオートモビルズは、4日に生産を終了した現行『9-5』の製造ラインを中国北京汽車(BAIC)に譲渡でき次第、新型9-5の生産をスウェーデン・トロールハッタン工場で開始。早期に市場投入を目指す。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品