【東京モーターショー09】日産、ゼロ・エミッション車に5000億円以上投資

自動車 ニューモデル モーターショー

日産自動車のカルロス・ゴーンCEOは東京モーターショーの記者会見上で「持続可能なゼロ・エミッション・モビリティの活動は、ルノー・日産アライアンスの活動の柱となる」とし、ゼロ・エミッション車には5000億円以上を投資していることを明らかにした(21日)。

二酸化炭素をはじめとした排出ガス、騒音、ガソリンなどが“ゼロ”という日産の電気自動車ラインナップは3車種が予定されているが、今後も「ゼロ・エミッション・モビリティの活動は、ルノー・日産アライアンスの活動の柱」(同氏)と位置づけられ、2000人以上の従業員が開発に携わるという。

ゴーン氏は、ゼロ・エミッション・モビリティの創造をリードすべく、インフラ整備やリサイクル事業などでパートナーシップの強化も重要だと力説する。

「ルノー・日産アライアンスは、他社に先駆けて各国政府間に革新的なパートナーシップを築きつつある」(同氏)

NECと手を組み独自のバッテリー開発・生産に取り組む日産は、各国政府との協力体勢のもと、日米欧にバッテリー生産工場を建設するという。
《大野雅人》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品