[動画]伝説のラリードライバー、最新 MINI でモンテカルロ激走

自動車 ビジネス 海外マーケット

BMWグループのMINIは、MINI『ジョンクーパーワークスカブリオレ』のPRビデオを製作し、動画共有サイトで公開した。1960年代にモンテカルロラリーを制した名ドライバーが、最新MINIでモンテを攻める。

1959年、BMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)は初代『Mini』を発表。翌1960年、その性能をアピールする目的で、ラリー最高峰の「モンテカルロラリー」へ参戦する。

モナコからフランスへ向かうモンテカルロラリーは、アルプス山脈の険しいワインディングが舞台。路面には降雪や凍結が見られ、非常に厳しいコースだ。モンテカルロラリーは、第1回が1911年という長い伝統を持ち、現在でもWRC(世界ラリー選手権)の開幕戦として、毎年1月下旬に開催されている。

このモンテカルロラリーで1964年、『Miniクーパー』のラリー仕様「1071クーパーS」が初優勝。1967年には「1275クーパーS」が、ポルシェ『911S』との死闘の末、2度目の優勝を勝ち取っている。

MINIのPR映像には、2人のモンテカルロ優勝ドライバーが出演。1964年のパディ・ホプカーク氏と1967年のラウノ・アルトーネン氏だ。2人とも御年70歳を超えているが、最新のMINI『ジョンクーパーワークスカブリオレ』を華麗に操り、モンテカルロのコースに再び挑む。当時のラリーの様子を交えた映像は、動画共有サイトで見ることができる。


《森脇稔》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品